« パッパの明るさはお祝いにむいている! | トップページ | オセロな数の子 »

余呉湖の「寿司」ならぬ「鮓」

京都の和食店で「水口さん」といえば

知らない人はいない。

絶大な信頼を得ている魚屋さんだ。

淡路島の自宅を深夜2時に出て明石で魚を積み、

日本一の鯛を京都の「瓢亭」「菊乃井」に届ける。

取材で知り合った水口さんに誘われて余呉湖に旅した。

酒飲み男二人旅。

余呉駅で迎えてくれたのは宿の主人徳山さん。

京都の割烹で修業の後、独立。故郷に帰り宿を開いた。

湖へ・・・

50センチは超える積雪を小学生の息子さんが

雪かきしていた。

煙突から立ち上る煙・・・

雪に溶け込む純白の暖簾。

笑顔で出迎えてくれた女将さん。

そのむこうに温かい灯り。

暖炉だ!051206_1726

余呉湖畔の小さな宿

「徳山鮓」。

そう「寿司」ではなく「鮓」。

どうちがうか?

いわゆる「にぎり寿司」とはちがう、

寿司の発祥、米を発酵させる

「鮓」を手作りしている宿である。051206_1736

こはだのなれ鮓・・・

滋賀で「なれ鮓」といえば

ふなが有名だが、

こちらではふなはもちろん

それ以外にも、

日本海で獲れた魚を「なれ鮓」にしている。

この「こはだのなれ鮓」、

酸っぱさの中に広がる甘み・・・

美味い!これは飲まずにいられないっ!

ビールがいつのまにか米焼酎「十四代」に。

寒ぶなの造りを地元の山で採った天然わさびで。

ふなってこんなに香りがいいのん!?

これも飲まずにいられないっ!

こっぺかに・余呉湖の天然うなぎ・・・

そこへ水口さんが持ち込んだ淡路のうに・明石の鯛

あなごの煮付け・・・もの凄い競演になった!

とどめは地元の猪で「ぼたん鍋」。

味噌だしがいくらでも飲める・・・そうか!

隠し味にニンニクか!

〆はふぐの子茶漬けに、こはだのなれ鮓の頭を吸い物に。

すっかり酔っ払ってそのまま温い布団へ・・・。

翌朝、水墨画のような余呉湖を眺めながらの朝食。051207_0925

さば・シーラの手作りへしこ。

揚げたてわかさぎの

天ぷら。

朝からビールの栓が

どんどん抜かれて・・・。

新大阪から1時間ちょっとで堪能できる酒飲みの天国。

露天風呂がもうすぐできるらしい。

酒飲みの皆さんこれは行かずにいられないっ!はずだっ!

|

« パッパの明るさはお祝いにむいている! | トップページ | オセロな数の子 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3906/225459

この記事へのトラックバック一覧です: 余呉湖の「寿司」ならぬ「鮓」:

« パッパの明るさはお祝いにむいている! | トップページ | オセロな数の子 »