« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

ポンシェビの意味

Vfsh0122_1


「あるある大辞典」で
納豆を食べて若返る
より効果的な食べ方を
やっていた。それによると・・・
①ひきわりでなく小粒か大粒
②玉子を混ぜる
(納豆菌の栄養源に)
③50回以上混ぜる
(納豆菌に酸素を)
④常温でしばらく置いておく
⑤調味料は食べる直前に
これらを忠実に守り実践。
健康に良いだけでなく
香りたち、美味くなったような・・・
マイブームいつまで続くことやら。。。
ガスパチョ
桃ヨーグルト

昼 抜き

Vfsh0123_1
Vfsh0125_2
Vfsh0127_1
Vfsh0130_1
Vfsh0131_1


友人Wと島之内の
「懐食清水」へ。
5000円のコース全8品。
コストパフォーマンス高い!
お碗はあさりともずくの真丈
あさりの爽やかなだしが
効いている。
〆のご飯は土鍋で炊きたて。
2膳目はお茶漬けにさせて
いただいた。
同じ歳の清水さんの
仕事にいつも感心させられる。
奥さんがおめでたで
来週予定日とのこと。
おめでとうございます!
安産を祈ってます!!

その後アメリカ村のクラブ
インディーズのライブを聴きに。
山本アラタというシンガー
ギター&ピアノの弾き語り。
結構熱かった。
河口恭吾のような
井上陽水のような・・・
ちょっと感動した。

その後
鰻谷のBAR「ポンシェビ」へ。
「ポンシェビ」とは
日本酒・シェリー・ビール
のことやって!
それしか置いてないなんて
マニアックでんなぁ~。
「悦凱陣」
(よろこぶがいじん)
なる日本酒を
いただく。
すっきり辛口。
エリンギ黒胡椒炒め
南京の炊いたんなど
アテも美味い。
またええBARに出会って
しまった。。。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

黒門寄席の打ち上げ

Vfsh0118_1


早朝から
「祇園ささ木」さん
新店移転の撮影。
その後、
高津神社で
「ながほり」中村さんが
席亭を勤める
「黒門寄席」の撮影。
桂かい枝さん
めちゃめちゃ面白かった!
「黒門寄席」は奇数月の
最終日曜に開催されます。
入場料1800円。
皆さん是非!!

打ち上げに
参加させていただいた。
「伊万邑」さんが作った
比内地鶏もつのすき焼き。
これがええだしでてました。
Vfsh0119_1

Vfsh0120_1
Vfsh0121_2


自宅にて豚しゃぶそうめん
冷奴など。
枝豆は小林カツ代流に
蒸して。
このほうが茹でるより
断然甘くて香りも
いいんです。

デザートに巨峰。
夏ですな。。。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

天下一品!

Vfsh0112_2

朝 ガスパチョ&胡桃パン

Vfsh0113_2


ロケの合間に
おろし蕎麦&いなり寿司
Vfsh0114_1
Vfsh0115_1
Vfsh0116_2


ロケの合間に久々
「天下一品」へ。
もちろん、こってり!
久々食うと濃いな。。。
でも独特の美味さ。
鶏ガラでようこんだけの
コクが出せるもんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

嵐の「嵐山吉兆」

060728_0944


押し麦ご飯
たまご焼き
しじみ味噌汁
青唐
胡瓜浅漬け

昼 抜き

Vfsh0094_2
Vfsh0095_1
Vfsh0096_3
Vfsh0097_2
Vfsh0098_2



K上さん、本P、Rょんと
「嵐山吉兆」へ。
主人・徳岡さんの
ドキュメントを
撮らせていただくので、
その勉強会。

氷の上に焼いた石!
アワビの石焼き
鱧とおくらのお椀
シマアジ造り
トロはニンニクチップのせて
ライム風味の醤油で。
「えっ!?ラー油風味ですかっ!?」
思わず聞き返してしまった。恥・・・

Vfsh0099_2

「今週の放送が
最高視聴率達成したその
お祝いもかねてるんです・・・」
と言ったのをうけて急遽
お凌ぎに赤飯を。
このあたりが
料亭のホスピタリティーを
感じさせる、粋なはからい。
Vfsh0100_1Vfsh0101_2

うにの松前焼き
昆布を食べて育つウニを
昆布の船に乗せて。
写真でわかるかな・・・
正露丸のような丸は
うにアイス!
口どけ優しく、甘く、香りよし。
Vfsh0102_4
Vfsh0103_3
Vfsh0104_4
Vfsh0105


部屋の照明がスーと落ちて
何事かと思いきや・・・
桂剥きした大根の行灯が。
保津川の鮎
夏野菜の炊き合わせ
焼き蛸の酢の物
Vfsh0106_3
Vfsh0107_2
Vfsh0108_1

留めは鰻ご飯
1膳目はとろろをかけて
2膳目はひつまぶし茶漬け
3膳目はとろろに使っていた
丹波の「究極たまご」で
なんとたまごかけご飯!
吉兆でたまごかけご飯を
食べるとは~!!
Vfsh0109_2
Vfsh0110_2
Vfsh0111_1


デザートはフルーツ盛合せ
恐ろしいほど濃厚な
抹茶金時&アイスクリーム

途中夕立と雷がドーン!!!
帰る頃には雨もあがり
涼しい風が。

ええ勉強させてもらいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TLMって凄い!!


鰻丼&梅干し
食い合わせ悪いというけど
調べると・・・
鰻と「青梅」のこと。
青梅に含まれる
「アミクダリン」という
成分が、お腹を壊す原因に。
「梅干し」になると
無毒になるどころか
クエン酸を多く含む
アルカリ性になり、
鰻の脂の消化を助けるん
やって!!

だから、
我が家の常備菜「梅干し」は
鰻が相手でも大活躍します!
060727_1323
060727_1324
060727_1320


本Pさん、Rょんと
福島の蕎麦「まきの」へ。
鴨汁蕎麦を初めていただく。
備長炭焼き本枯れ本節が
きいた濃厚なつゆ。
ジューシーな京鴨。
ようございました。

そして
アジの押しすし。
まきのさんのお父さん
尼崎で50年寿司屋さんを
やっていたそう。
今は閉めて、息子の
蕎麦屋を手伝っている。

親父の押しすしが
息子の蕎麦を後押し。

ええ話やないですか~。

060727_2038
060727_2057
060727_2118
060727_2133
060727_2149
060727_2151
060727_2218


えっちゃんと
土佐堀の
「トゥールモンド」へ。

29歳高山さんのフレンチ。
噂通り素晴らしかった!
1皿目
青トマトと炙り蛸のガスパチョ
・・・強烈!
青トマトの香り、鮮烈で
炙った蛸の甘み、
香ばしさと不思議な出会い。
ホンマ食べたことの無い、
五感を刺激する味わい。
凄かった。
脳科学者の茂木さんは
「食べたことの無い料理を
味わうと、脳が覚醒する!」と
言っていたがホント
そんな体験やった。

つづくグラタン
岩がきのムニエル葱ソース
白アスパラのアイスと
トマトのジュレ

メインは子羊!
見てくださいこのロゼ色・・・
肉汁吸ったコーン・キノコが
また甘くて美味しい~!!

デザートは桃のコンポート
蜂蜜アイス。

黒豆のクレームブリュレも
マダムの接客も
ええ感じでした。

高山さん恐るべし!
まさに「覚醒」された夜でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

余呉の天然うなぎ

060726_1638



パインヨーグルト


打ち合わせ帰り、
新梅田食道街を
ぶらぶら歩いていると
(やはり僕はこの街が
好きだ。必ず通り抜け
してしまう。)
蕎麦の新店発見!
蕎麦「加賀」。
この街ではちょっと
浮いた感じ。
趣のある扉をガラガラ・・・
話好きの女将と
寡黙な職人の旦那。
盛り蕎麦をたのむ。
二八。
喉越し良く、つゆ辛め。
蕎麦らしい蕎麦。
次回は鴨汁そば
行ってみよう~!
何処かで見た主人やな・・・
思いながら店をでる。

なんとなく気になったので
「奴」で聞き込み。
わかった!なんと
中華「喜楽」の長男さん、
蕎麦好きが嵩じて
中華を弟に任せ、
自分は蕎麦屋へ。
なるほど!スッキリ。
060727_0003
060727_0004
060727_0005

深夜 自宅にて
余呉湖の「徳山鮓」さんから
送っていただいた、天然鰻を。
脂のりええ具合で、香りよく
ホンマ美味かった!
肝の甘いこと・・・
うっとりしてたら
「ガリッ!!」なんじゃコレと
出してみたら・・・・・・
釣り針がっ!!
これぞ天然の証拠。
怪我なくよかった。
なんやったら針まで
食う勢いでした。。。


完全無添加の明太子
「茜屋」の喜なり明太子も。
昆布の旨味のって、
適度な唐さ。

深夜1時過ぎてるのに
ビールが進むくん
スプマンテが進むくん
ご飯が進むくん。。。

お腹見ると・・・ヤバイ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

祭りのあと

060725_1844
060725_1929
060725_1946
060725_1948
060725_1950



ビゴのパン


福島で寿司下見
「彩月」で寿司ランチ


野田「ざこば鮨本店」
トロ・赤身・鯛など。
ネタ大きい!
市場らしく豪快なにぎり。

福島へ移動。
「青木」
活蛸のおどり
セロリのにぎりなど

「延重」
造り盛合せなど

「天神の囃子微かに路地の奥」

決め手にかけて
思い悩みながら・・・
そうか!ひらめきと共に
蕎麦「まきの」へ。

先ずは蕎麦焼酎
蕎麦湯割り

桂南光師匠おすすめ
冷やし鴨なんば

ここの押し寿司は
若主人の父上が
作っているそう。
この日は「関アジの押し寿司」。

甘めのシャリと爽やかなアジが
いい感じで馴染んでる。
そく決まり!
「寿司特集で
恐縮なんですが・・・」と口説く。
「父と相談して返事を・・・」とのこと。
果たしてどうなるかっ!?

その後天神祭りの花火を横目に
十三へ「十三VS京橋」特集の下見。

060725_2153
060725_2258
060725_2305


西口駅前しょんべん横丁の
BAR「十三トリス」へ。
名物「いか焼き」
ティーハイ(トリスソーダ)

横丁の新店
沖縄料理の立ち飲みを
のぞく。
生ビール
ゴーヤチャンプルー
沖縄そば

今夜はさすがに
よー食べましたわ!!

「腹さすり独り見上げる
夏の空」


| | コメント (0) | トラックバック (0)

シャラン産鴨うまし!!

060724_0909

060724_1750


土用丑の翌日
うな丼


北新地「カウカウ」にて
チャンヂャ茶漬け

060724_2128

060724_2200
060724_2244



えっちゃん
友人Fと
福島のイタリアン
「ラ・ルッチョラ」へ。

タコ・貝柱などの串
炭火焼
浅利・ムールなど
貝類とショートパスタ
シャラン産鴨のロースト
焼き具合抜群!
いつ来ても満足な
鈴木さんの料理と
周ちゃんのサービス。
今、一押しの
トラットリアです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

サプライズ!!

Vfsh0093_1
060723_1943
060723_2005

早朝から
「ながほり」中村さんと
茨木の白ずいき農家へ。
空気が美味かった!

昼 自宅にて
コロッケ・冷奴など


えっちゃんと
芦屋川の「鶴屋」へ。
やわらちゃん夫妻が
常連の和食。
友人KちゃんとYちゃんが
結婚10周年記念に
招待してくれた。

ビールを注文し、
待っていると・・・
な、な、なんと店員に扮した
Kちゃん、Yちゃんが
花とシャンパン持って登場!
サプライズ!!!
感動した!!
持つべきものは友。
Kちゃん、Yちゃん
ありがとう~!!!

カレイの造り
アナゴの天ぷら
早松の土瓶蒸しなど
ホンマ美味しかった!!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

「八正」にやられた!

Vfsh0077_6


Vfsh0084_4

Vfsh0078_4

Vfsh0086_3


朝 自宅にて
ビシソワーズ

夕方
寿司下見でマーべラス先生と
谷9の「八正」へ。
金村義明さんが
近鉄時代初給料で
食べに行ったという
思い出の店。

淡路のうに
泉州の生とり貝
古きよきなにわの
名店という感じです。

その後
福島「花さくら」へ
寿司梯子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

淡路の新鋭寿司

Vfsh0070_4

Vfsh0072_4


桃ヨーグルト

昼 抜き


ナレーターFさん、Yさんと
淡路の「千成寿司」へ。
赤酢の寿司飯
仕事されたネタ
コハダ美味かった!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

皇家龍鳳

Vfsh0061_5

Vfsh0063_4


桃ヨーグルト

昼 抜き


K上さん、本P、Rょんと
リーガロイヤルHの
「皇家龍鳳」へ。
フカヒレの姿煮込み
海老のすり身と野菜炒め
スッポンのしょうゆ煮込み
とどめはカレードリア!

次回はトウさんのタンタン麺
食べたいなぁ~!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昼麺・夜麺

Vfsh0058_5


桃ヨーグルト


撮影の合間に
「古譚」で冷麺

夜 自宅にて
そうめん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

玉造の穴場寿司

Vfsh0050_7

Vfsh0051_6

朝 自宅にて
うな丼
桃ヨーグルト

昼 抜き

Vfsh0052_3
Vfsh0053_4


何故かマネージャー
Yさんと下見
玉造駅前
「近江屋」なる寿司新店。
若主人がんばってます!

その後
北新地に流れ
ゴールドフィッシュ
リエゾン
櫻喜庵

| | コメント (0) | トラックバック (0)

深夜特急蕎麦

Vfsh0049_4

朝・昼抜き
編集の時は
ストイックに追い込むのだ!
ただしおやつはいただく。
(なんじゃそら!)
タリーズコーヒーの
フローズンエスプレッソ?


深夜 自宅にて
蕎麦ずるずる。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

桃の季節

Vfsh0047_2




マンゴジュースなど

昼抜き


編集の合間に
「なか卯」の冷やしうどん
トホホ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ながほりの迫力

Vfsh0048_3



ロケの合間に
大阪駅前第1ビルに
オープンした
「○秀」なる立ち食い寿司


千日前「福太郎」で
ミックス焼きそば
ネギ焼きなど

久々居酒屋「ながほり」へ。
夏野菜のあんかけ
強烈に美味い!!
中村さん恐るべし!!

その後、法善寺のBAR「路」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

進化する串カツ

Vfsh0042_4

Vfsh0043_4
Vfsh0041_5



そうめん
ラタトゥユ
パインヨーグルト


収録のため抜き

Vfsh0044_3
Vfsh0045_4
Vfsh0046_4

深夜
北新地「川と山」
隆の串カツは
日々進化してます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すだちそばパクリました!

Vfsh0038_4
Vfsh0039_4



USJ喫茶室
ざるそば
差し入れの
「なかたに亭」の
ミルフィーユ
Vfsh0040_4


深夜 自宅にて
すだちそば
ラタトゥユ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

じゃがいもお好み

Vfsh0036_4

Vfsh0037_6


USJ喫茶室
鶏あんかけ弁当


新深江に移転した
「桃太郎」の本店。
じゃがいも入りお好み
豚じゃが天玉。
静岡・三方原産
馬鈴薯。
甘くてホクホク
美味かった!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏はカレー!

Vfsh0035_5


さくらんぼ
バナナジュース


抜き

夜 自宅にて
かつおたたき
えだ豆
おくら
手羽カレー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どーんと一碗水

Vfsh0031_3

Vfsh0032_4
Vfsh0033_5
Vfsh0034_5


朝・昼
編集のため抜き


編集終わり
ストイックに自分を
追い込んだ反動で・・・
「一碗水」へ。
蒸し鶏胡麻ソース
鱧の四川風
あこうの蒸しもの
などなど・・・
4500円とは思えない
充実のコース。
紹興酒でヘロヘロに。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

稲庭うどん

Vfsh0030_3


朝 自宅にて
稲庭うどん
玉子焼き

昼・夜
編集で缶詰
抜き。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やはり別館牡丹園

Vfsh0027_9

Vfsh0028_5



撮影の合間に
神戸・長田「平沼商店」で
焼き肉。


マネージャーYさん、
Yよとロケ終わり
「別館牡丹園」へ。
海鮮・夏野菜炒め
かご盛りなどなど・・・
〆は葱和えそば。
たまらんラインナップです。

Vfsh0029_3

その後Yさんと地元
西宮に繰り出し
おでん「なか野」
「壱風」「ワーズワース」など
BAR梯子。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

がじゅまるパクリました!

Vfsh0024_3

朝 自宅にて
パインヨーグルト
牛スジカレー、
美味かった!

昼 抜き

Vfsh0025_2
Vfsh0026_3

夜 自宅にて
つくねに黄身をつけて・・・
がじゅまるの技
パクらせていただきやした。
スンマヘン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

女ばかりの蕎麦

Vfsh0016_5

Vfsh0017_6
Vfsh0019_4
Vfsh0020_4


パイナップル
ヨーグルト


北新地
蕎麦「みや玄」。
なんと女性だけの蕎麦店。
昼は好きな蕎麦3種類選べて
1500円。お得です!
ちなみにこの日は
辛味大根おろし
山芋とろろ
鴨なんばの3種。



魔法チーム高視聴率記録
達成宴会を鶴橋「吉田」で。
ホンマ焼き肉三昧ですわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タレの自動販売機

Vfsh0012_6

Vfsh0013_4
Vfsh0014_8
Vfsh0015_6


パイナップル
ヨーグルト


USJ喫茶室
さば味噌煮弁当


長田の精肉店
「平沼商店」。
店前に・・・なんと
焼き肉のタレの
自動販売機が!!

山盛りの肉、
洗面器のようなクッパ!
おT代、S斎橋先生と
3人で8500円!
笑けるやすさ~。
凄すぎます!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

しっぽスープの力

Vfsh0005_6

Vfsh0006_6
Vfsh0007_6
Vfsh0008_7
Vfsh0009_6
Vfsh0010_6



パイナップル
ヨーグルト


焼き肉「ポッサムチプ」の
マスターに教えてもらった
長田の商店街、
路地裏の「門」。
昼の定番「しっぽスープ定食」
凄いボリュームで1000円!
これは値打ちあり!!
焼き肉少しつまむ。。。


自宅にて
死ぬほど好きな
茄子の揚げびたし
豚しゃぶそうめん
かつおのたたきなど

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すっきり!すだちそば

Vfsh0002_9


7・2夜
晩飯抜くつもりが
無性に蕎麦口になり
福島「まきの」へ。
すだちそば、
ビジュアルにやられます。

Vfsh0004_8

7・3
徹夜明け
朝 ヨーグルト
昼 抜き
深夜 自宅にて
温泉玉子&梅干し入りつゆでそうめん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映ちゃん恐るべし!

Vfsh0012_5

Vfsh0013_3


フルーツいろいろと
「コンディートライ
バッハマン」の
バウムクーヘン。
スパイスきいて
生地しっとり!
「ハリエ」も美味いけど
ここのは感動した!
取り寄せできます。
お菓子好きは是非!!


Vfsh0015_5

Vfsh0016_4
Vfsh0017_5
Vfsh0018_2



またまたおT代&
S斎橋先生と
焼き肉下見。
今日で3日目、5軒目。
おT代は火曜からずーと
焼き肉続き。
彼女の身体をはった
仕事ぶり(食べっぷり)に
感動、思わず涙。。。

「ポッサムチプ」の
お兄さんに教えてもらった
長田の住宅街にある
ホルモン「映ちゃん」へ。
昼12時
がらんと殺風景な店内。
近所の家族連れ2組ほど
煙モウモウではじめている。

お姉さんいきなり
姉「焼き方どれにする?」
僕「はっ?」
姉「甘口、中辛、辛口?」
そう、ここはメニューなんか
ないんです。
タレの味だけ客が決めて
後は人数分だけ肉が出てくる
システムなんやって!
「中辛」をたのみ
待っていると・・・

で、でたっ!凄すぎる!
約1キロの皿盛り。
姉「うちはつけダレないからね~
  そのまま食べてや~」

ど~んと豪快に網にのせて
ひたすら口へ運ぶ。
これが美味い!
姉「うちのホルモンは
 あんまり焼かんほうがええよ」
なるほどてっちゃん、ミノも
さっと焼くぐらいが甘くて美味い!
「ビール」というか
「ご飯」な店。

Vfsh0019_3
Vfsh0020_3

Vfsh0014_7

生レバー新鮮!
キムチなどええ漬かり具合。
僕「スープとかあるの?」
姉「玉子、わかめ、イワシ」
僕「えっ!イワシ???」

イワシを磨り潰したスープ。
これが山椒がきいて
美味いこと!
探せば街に「いい店」あり。
取材交渉するも
姉「ちょっと考えさせて・・・」
う~んどうなるか!?
その成果は
7・13放送で!

今夜は晩飯抜きで
編集しますわ。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鶴参は本気です。

Vfsh0028_4

冬瓜のスープで
胃を休める。。。

京都の某料亭主人と
打ち合わせ
怒涛の5時間半
当然昼抜き。。。


Vfsh0002_7
Vfsh0003_6
Vfsh0004_7
Vfsh0005_5
Vfsh0008_6
Vfsh0010_5
Vfsh0011_5


おT代・S斎橋先生と
神戸・二ノ宮商店街の
「鶴参」へ。
4月に2軒となりに
リニューアルオープン!

主人鶴澤さんのおすすめ
コースをいただく。
ミノ湯引き
タン、心臓、サーロインなど
自家製醤油ダレの造り。

スネ肉の煮込みスープ

名物の焼きしゃぶ!
ミノのポン酢焼きは
まるで「焼きふぐ」です。

クラシタ、三角バラ、ミスジ
カイノミ、フランクなどなど

〆は緑のドンブリ!
千切りレタスを
めくるとブリスケの
タレ焼きが~!!

「焼き肉」というか
「鶴澤料理」と言いたい
この流れ・・・
もちろん
トレーサビリティしっかり!

鶴澤さん次の展開も
考えてはるそう。
凄すぎます。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »