« 感動の蕎麦 | トップページ | 美味しく食べてこそ、成仏! »

余呉の熊鍋

0028_1

0018

ほぼ1年ぶりの余呉の旅。
メンバーは明石の魚屋Mさん
唄う放送作家マーべラスさん
黒門のワイン屋Fさん
僕の酒飲みおっさん4人旅。

新快速で大阪から2時間
余呉湖畔に佇む「徳山鮓」。
0020
0019
0021

「すし」といえども
「寿司」ならず
「鮒すし」など、
発酵系の「すし」の店。
去年改築し、露天風呂
別棟をつくり
泊れるようになった。

一昨年は猪鍋をいただいたが
「今年は熊がいいですよ~」の
女将さんの一言で「熊鍋」。
これが・・・
う、うまい。

熊は脂が凄いときいたが
程よい脂に、甘い赤身。
匂いもほとんど無く
牛肉と鯨肉のあいだの感じ。
旨味たっぷり、ジューシーで
ほんと感動しやした!
0023
0024
0022

0006

鮒すし
なまず
Mさん持込のからすみ
がしらの煮付け
キスの天ぷら
ビールぐいぐい
Fさん持参のビオワイン・・・
日本酒。。。

 〆は鮒すしで茶漬け
さらさら~。

露天風呂から眺める
余呉湖と月・・・

翌朝
鮒すし・へしこの工房や
湧き水で泳がせてるなまずの
生簀を見学。
改めて余呉の自然の恵みを体感。

駅に着くと
虹が我らを見送ってくれていた!


|

« 感動の蕎麦 | トップページ | 美味しく食べてこそ、成仏! »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

ブログ、発見です!

こんにちは、FUJIMARUです。
お誘いしていただき
本当にありがとうございました。

お料理が素晴らしかったのはもちろん、
それ以外の色んな要素が幸せな時間を
造ってくれた様な気がします。

新たな出会いに感謝!
四季ごとに通わせていただきます。

投稿: FUJIMARU | 2007年2月 8日 (木) 18時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3906/5177344

この記事へのトラックバック一覧です: 余呉の熊鍋:

« 感動の蕎麦 | トップページ | 美味しく食べてこそ、成仏! »