« 2007年2月 | トップページ | 2007年10月 »

地引網初体験!!


070513_12131_1

大阪湾・岡田浦漁港での「地引網の会」に参加しました!
北新地「川添」さんが大阪市内の売れっ子料理人
&ソムリエを集め、そこへ酔っ払い客が群がった。 めちゃめちゃ気持ちいい晴天の下、
「よいしょ~よいしょ~!」と掛け声合わせ網を引く。
編集室と繁華街の往復の日々から脱出・・・
久しぶりのアウトドア!
太陽ジリジリ~久しぶりに冷や汗以外の汗をかく。
漁港の人が「テレビで見るようなあんなに魚は獲れません!
      過大なイメージは捨てて下さい!!」と
スピーカーで説明していたが、
なんのなんの~予想外の大収穫!

070513_1221


その後、「カハラ」Mさんの乾杯発声で「大宴会」!
東京から「バードランド」W田さんも参加し、
「あやむや」N沼さん、「うずら屋」Mちゃんと夢の競演!
「トゥールモンド」T山さんが、W田さん&N沼さんが
焼いた軍鶏をせっせと切ってかわいく配膳。

「トラットリア・パッパ」のパスタ
「多田」「黒杉」「広川」の最強寿司屋台
「川と山」「なかなか」の串カツ
「カハラ」の炭焼き
「竹中酒店」配膳隊長率いる
「ラ・シャンパーニュ」他のワイン屋台・・・などなど
豪華メンバーによる最高の宴でした!


0039

写真は、スタートから鍋振りっぱなしの
「パッパ」M本シェフが、
「パスタ作るの飽きた~よし、寿司の握り方教えて!!」と、
話題の寿司店2軒北新地「黒杉」さん・京橋「広川」さんに
教わっているところ。。。

「川添」スタッフ(マイミクせんたろう)&屋台出店の皆様、
お疲れさまでした!
来年も是非!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北新地路地裏寿司

0038


本通りと永楽通りの通り抜けできるビルの路地。
寿司『次郎丸』。なんとご主人の姓が次郎丸さん!35歳と32歳の兄弟寿司。オープン3ヶ月。雑誌もテレビもでていない。寿司小さめ、食用ひょうたんの漬物、あさりと同じ大きさ支笏湖の蜆汁。ガス弱火で『捨て湯』を常に沸かし、ネタをさっと霜降りに。カウンター七席のみ。 バーのマスターに教えてもらった。街にはネットにない生きた情報が溢れている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ファーストフードのスローフード


0026

神戸で発見した「リーバーズ」なる
フライドポテトの店。
店の造りはありふれたファーストフード店のよう。
ところが・・・
国産ジャガイモを、注文が通ってから切り、
油で揚げる。
揚がってくるまで待つこと5分・・・
熱々をそのままでもよし、
マスタードマヨネーズ、
ハバネロサルサなどのディップをつけて食べる。
・・・美味い!
手捏ねハンバーガーもイケる!
ビールグイグイ。
大阪にあればまた行きたいが
あるんかな・・・?

その後、「別館牡丹園」へ。
王さんのおまかせ料理ガッツリいただいた後、
〆はネギの和えそばを。
大阪の店でも食べるが、何故か味が違う。
レシピは全て一緒らしい。
神戸の方が美味く感じる。何故か?
「神戸の方が美味いのはあたりまえ。
僕が作ってるからね~がはは!」
と、王さん。
恐れ入りました~!!

0032


| | コメント (0) | トラックバック (0)

美味しく食べてこそ、成仏!

0024_1
本Pさん監督の若冲特番。
僕は助監督として
参加させていただくことに。
撮影日朝5時、
チョロリさんと堅田の養鶏場に
軍鶏をお出迎え。
高台寺の塔頭で
軍鶏7羽を放っての撮影。
若冲が庭で遊ぶ軍鶏を見て、
画のイメージを
膨らませるシーン。
軍鶏の鳴き声『コ、コ、コ・・・』
カメラの回る音『ジー・・・』
心地よい緊張感・・・
軍鶏もええ芝居してました。
無事、撮影終了。

買取りの軍鶏7羽、
「どうする?いっそこの場で・・・」
「アホな、お寺やで!」
「丁度ええやん!」
「ホンマやな・・・コラコラ!」
そんなヤリトリの後、
再び堅田へ。

数日後、我が家に
軍鶏が届く。
パッケージには
「雌」と書かれている。
酒・みりんをたっぷり使った
甘めの割り下で
「すき焼き」に。
丁度知り合いから
淡路島の新玉葱を
いただいていたので、
これも一緒に。
モモ肉、胸肉、モツ・・・
全て旨味たっぷり、
脂の甘味最高!
「あの時の黒羽かな・・・?」
思いを馳せながら
美味しくいただく。

高台寺塔頭のご住職が
おっしゃってました。
「美味しくいただいてこそ、成仏。」
助演女優賞ものの軍鶏さんに
合掌。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年10月 »