« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »



今里新地で70年…「グリル太平」で昭和の洋食とワインの会。
ハンバーグ、巨大エビフライ
そして秀逸は…タマネギ、リンゴ、ニンニクをクタッとなるまで炊いたデミグラスソースをたっぷりかけたビフテキ。
熟成させたフィレ肉に甘酸っぱいリンゴデミ良くあっていました。
さてと、このまま帰るか、寄り道するか…うーん悩む!

| | コメント (0) | トラックバック (0)


福島で打ち合わせ後、久しぶりにきじスカイビル店に木地のお父さんに会いに。
相変わらず元気やし、「傘忘れたらあかんよー」「大阪マラソンよう頑張ったね〜」常連客にも、一見さんにも優しい方ですね。
ほっこり癒されました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


関西食文化研究会コンフィデンシャルランチ「神戸北野ホテル」山口浩&「祇園さ々木」佐々木浩 コラボコース堪能させていただきました。
そんなヒロシに騙され〜という歌がありましたが、まさにWヒロシが仕掛けたフェイク、謎が随所にあり、推理し紐解きながら食べたのであっという間の
3時間でした。
夜もあるので詳しくはネタバレになるから書きませんが、「メイラード反応に頼らない」面白いテーマ性、たいへん勉強になり刺激受けました。
初めての料理人の方とも出会い色々あり、有意義な会でした。有難うございました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)



井上理津子さんと団田芳子さん著「関西名物&新版大阪名物」出版記念パーティー。
関西料理界や、マスコミの大御所がずらり。久しぶりにお会いした方もたくさん。楽しい会でした!
井上さん著「最後の色街飛田」の感想をご本人とずーっと話したかったので、ゆっくりお話出来て嬉しかったです。
創元社「関西名物&新版大阪名物」は選りすぐりの土産ネタの宝庫なんで関西人も、全国の方も是非〜!

| | コメント (0) | トラックバック (0)


いきものがかりのライヴに初めて行って来ました。
「ありがとう〜」と何度も深々と頭下げる姿勢に感動
客席からも「ありがとう!」と熱いコールが。
大阪城ホールの9000人が温かい
空気に包まれていました。
いきものがかりの後は、京橋のやきものがかりへ笑。
猪、鶉美味しかったです。
幹ちゃんありがとう〜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メディア取材+写真撮影NGで知られる謎の店…宮川町の割烹「安久」に初訪問。
開店2年。カウンター6席。
店主上田さんは以前大渡さん達と「食堂おがわ」でご一献した事があり、それ以来の再開でした。可愛い女将さんと二人でカウンターに立っています。
料理は31歳と思えない、気負って攻める事の無い「引き算の仕事」。
アワビの胡麻酢から始まり、
津居山の蟹は蟹味噌ダレたっぷり。酢で伸ばし、山葵を忍ばせています。旬の鯖寿司は見事な慣れ具合…炙りたてパリパリ、香り華やかな海苔で巻いて。全体的に酢&酸味の使い方がお上手だなと思いました。
蟹出汁の小吸い物(椀種なし)、食べた事が無い食感の高野豆腐、牛フィレ肉のステーキなど余計なものをそぎ落とした
シンプルな仕事の皿がゆっくりいいペースで出てきます。
31歳でこの渋さ!若さ溢れるエネルギッシュな皿も食べてみたい気はしましたが、あえてそうしてはるんでしょう。
10年後、20年後がまた楽しみなお店です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


創業145年のうなぎ卸問屋さんを見学。地下水を組み上げ、上からかけながら生かしているそうです。摩訶不思議な立体水流ショウ…その光景は、さながら前衛芸術の様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


今夜7時〜魔法のレストランは
「カリスマ料理人秘密の舞台裏に密着!」
中華の鉄人・陳建一、祇園さ々木・佐々木浩、トラットリアパッパ松本喜宏…予約の取れない超人気店、カリスマシェフの
仕事術、人生訓、知られざるプライベートを大公開!
チーフプロデューサー本Pが
チーフディレクターとなって
徹底取材しました。
皆様是非ご覧ください!!!!
(怪魚を仕入れて踊る松本シェフ。※写真はイメージです。松本さんお茶目写真掲載失礼しました笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)



「コアラ食堂」ハワイアンカフェ朝から満席!日本中でここだけ亜熱帯気候…盛り上がってます。
マスターてらっちはじめスタッフ皆ゆる〜くてええ感じ。
ハンバーガー肉汁たっぷりでめちゃくちゃ美味しかった!
半熟卵&アボカドトッピングオススメです。
オマツのトロピカルBARも開店!
午後6時までなんで皆さんゆるりと是非〜

| | コメント (0) | トラックバック (0)



阪神大ワイン祭開催中!
ダイガクさんブース盛り上がってます。ヘミングウェイの格言の横にはなんとフジマル氏の格言が!世界の文豪を越えた
来週火曜日までなんで皆さん是非〜

| | コメント (0) | トラックバック (0)


ロケの合間に「なにわ翁」へ。
季節の牡蠣ざる…十割新蕎麦香り素晴らしかったです。
さぁ、午後の部も頑張りましょう

| | コメント (0) | トラックバック (0)


これほどご飯に相う焼き肉はありません!サーロイン薄切り濃厚ニンニクタレまぶし。
昨夜は焼き肉の女王いかりん主催の焼き肉会…焼き肉人生の原点となった店、長居の「焼肉道場松ちゃん」で肉に、タレに、ニンニクにまみれて参りました。
本日ちょっと、いやかなり匂うかもしれませんが、お許しください笑。

| | コメント (0) | トラックバック (0)



粕汁が恋しい季節になりましたね〜。
昨日は神戸のフレンチの巨匠とがっつり2時間打ち合わせし、久しぶりに元町の路地にある「金時食堂」へ。
「粕汁はじめました」の張り紙。冷やし中華と粕汁は季語ですよね。
金時〜エビアンが定番の流れ。
昭和の大衆食堂とレトロ喫茶が
隣同士にあるなんて奇跡ですよね〜。
300円のコーヒー飲んで、
ほっこりさせていただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨夜は祇園「前田」に初訪問。
9月に開店したばかり。
「櫻川」で料理長をしていた前田祐治郎さんは36歳。爽やかな男前、辰年。
カウンター10席を前田さんが一人で仕切り、裏はお弟子さんが一人。
向付ぐじの糸造り辛味大根加減酢、煮物椀渡り蟹の真丈…
王道京料理の合間に、揚げたて熱々の鮑に冷たい生雲丹をどっさりとか、半生バチコ胡瓜古漬け葉唐辛子添えなど個性的、しかも酒が進む料理がこれでもかっ!と出てきます。
鮑は赤が入った楽十代など器使いも素敵でした。
縁あってなんとデンマーク「ノマ」レネ・レゼッピシェフにマグロの捌き方を教えた事があるそうです。5年前、彼が世界一になるまえだそうです。
本当に京都は30代和食の層が
厚いし、熱いですね〜。
楽しい話も尽きぬ祇園の夜でした。
※写真は撮影禁止でしたが、料理に集中出来て良かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


編集の谷間で…本日は大物俳優と天満界隈の路地裏探検ロケ。
12年ぶりにお会いします。
この卵かけご飯気に入ってくれるかな〜。
いい天気やし張り切って参りましょう

| | コメント (0) | トラックバック (0)


怒涛の京都ロケ終了…雨なんとか最後までもちました。
さて今週は京都特集の編集と、天満特集の仕込み同時並行。
分刻みロケのエアーポケット…黄金色の鴨川に少しだけ癒されました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


西天満の路地裏さまよっていたら…オープン3日目のワインBAR発見!カウンターには
素敵なソムリエール、そしてなんとアンティークのガス灯が。
「どうやってつけるんですか?」
「見たいですか?フフフ」
実演してくれた手元の美しさ…独特の温かい灯りに引き寄せられて…通ってしまいそうです笑。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


実は香水好きです。
20代…ポーチュガル4711(ドイツ)柑橘系
30代…ラルフローレン・シルバー(アメリカ)スパイス+ワイン
40代…今月から気分を変えて新しいのにしました。
ウ・ドゥ・イタリー・ナチュラル
「イタリアの水」という意味で
ベルガモット+新緑+フローラルの香りだそうです。
ベルガモットの効能は…胃腸を活発にし、食欲増進させる!
別に意識して買った訳ではないですが笑…本日も天満界隈ロケハン行脚食べ歩きに参ります

| | コメント (0) | トラックバック (0)



昨夜は久しぶりに「コアラ食堂」に。相変わらず満席!流行っている店は、店自体に活気、オーラ、パワーがみなぎっている…そう感じさせる店です。焼き野菜、定番とん平、鉄板ナポリタン、ネギ焼き、クレソン鍋めちゃめちゃ美味しかった!
そして今日は天満で麺の巨匠と朝ラーメン、昼パスタと2軒梯子下見。その後打ち合わせで「ジュエンデリカフェ」に。
今が旬の柿のスムージー。
優しい甘さ、隠し味のカラメルが効いています。満腹過ぎる身体を見事にクールダウンしてくれました笑。
さぁ今夜も食べ続けます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »