« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »



「纐纈」…読めません笑。

「こうけつ」と読み、奥様の姓だそうです。

北新地・船大工通り。
最近気になる店が立て続けに入り「新地のグルメビル」と呼ばれる、堂島レジャービルの4階に、先月1日開店。

「島之内一陽」から独立、纐纈欣樹さん。

なんと煮物椀には、骨付きのふぐあら身。

和食では煮物椀に骨付きは、邪道なんですが…「美味しいので、是非!」ニコリ。

「真実の料理人」第一回目取材時、当時48歳の「菊乃井」村田さんの煮物椀も、骨付きのふぐでした。

「美味しかったら、ええがな」にやり。

当時のギラギラした村田さんを思い出しました。
(今でも、まあまあギラギラしてはりますが笑)

酒にあう抜群の料理が続き…〆は、定食か蕎麦。

カウンター内になんと鉄板!
この日は牛肉をタレで炒めた定食。

蕎麦も、もちろんいただきました。

おまかせコース1万円。
北新地ではかなり良心的ですよねー。

やんちゃな纐纈さんの自由度が高い料理。

久しぶりにワクワクするお店です。


錦秋の京都に毎日通っています。

高速は大渋滞!

皆さんお気をつけください。

秋の錦市場は、まさに錦絵のごとく美味いもんが、絢爛豪華に溢れています。

これは、錦市場のろーじに先週開店した寿司新店の「ばらちらし」

驚きの食べ方で、いただきます!

12/15放送是非ご覧ください



中華特集の次は、連日京都へ。

時間が出来たので、
久しぶりに「何必館」を、のぞく。

没後20年 ロベール・ドアノーのパリ…
やはり、ドアノーかっこええな。

特に、酒場の写真が好き。

酒場に張り付き、酒場に溶け込み、グダグダにならんと撮れん画。

僕も、かくありたいと、再認識。

30日曜まで。

常設の北大路魯山人展も素敵です。

あーパリ行きたいなぁー



久しぶりに、西天満「ビーフン東/AZ」に。

ユーラシア大陸のAtoZ。
西の端…スペイン、フレンチ、イタリアから、
東の端…中国、日本まで。

羊肉麻婆豆腐
干し豆腐上海蟹味噌和え
鴨コンフィ黒ニンニクソース
もちろん、バーツァン、汁ビーフン美味かった!

東さん&藤田さんの共演素晴らしいですー



今夜7時放送
魔法のレストランR
「へぇ〜そうやったんや! 炎の中華スペシャル 」
やっと完成しました。

今回は、
ジューーーー
ジャーーーー
ゴォーーーー

料理中の音(厨房ノイズ)を、かなり大切にしました。

番組制作では、映像編集の後に、ノイズ、ナレーション、音楽のレベルを、最終的に調整するのですが、
ド深夜に、一部やり直しました。

料理番組は、映像に気を取られがちですが、
実は「音」こそ、大切なんです。

そこで、「臨場感」、「美味しさ」が、伝わります。

是非、その辺りを注目して、ご覧ください


錦市場から、ぶらりと歩いて京都市役所へ。

30店舗のイタリアン屋台のイベント。

明日は村田さん、佐々木さんも登場。

大盛況!楽しいです

健康診断にて。

腹囲測る看護師
「あ、えっ?」

体重計る看護師
「平井さん…去年より、少し増えましたね笑」

少しちゃうわ!
6kgじゃぁーーーー

今夜の「食堂おがわ」で終わり。

明日から



「寿司は、握り手を映す鏡である」
…職人の手業でなる「寿司」は、その職人の人柄、生き様全てが反映されますね。


芦屋「喜一」
苦楽園「まつ本」の弟。
赤酢の兄とは、あえて変えた白酢の寿司飯。
シャープな赤酢もいいですが、こちらは粒大きくふっくらしていて、温かい。
〆には、父から受け継いだ助六。
稲荷は、恩人である大家の豆腐屋さん手作りの揚げで。

鴫野「知春」
うずら屋時代からのお知り合いですが、やっと行けました。
皆さんの噂通りの驚きコスパ!
とにかく、酒呑みには嬉しいアテが次々。
豪快な中に、繊細な仕事チラホラ。
木津や、黒門で朝撮影しているとよくお会いします。
今や配達多い中、複数の市場に通う信条、心意気素晴らしいですね。

北新地「金城」
名店「平野」の親父さんの仕事を、海外経験経て、見事に昇華してはります。
赤身に、ちょんと盛られたネギトロ。
このバランス感覚、遊び心がいいですねー。

と、いうことで来年「寿司特集」やらせていただきます。


初めて、中華の腸詰めの仕込みを拝見!

「なるほど〜!」な作り方に感心。

久しぶりの中華特集は、驚きがいっぱいあり、撮影していて楽しいです

11/24月曜放送です


デジロケの合間に、「ふすかけ」さねくん
のラーメン。

すっきり塩。
華奢なさねくん裏切るくらいに、うま味しっかり。

華奢ちゃいますね。
相当へんこ。

うーん、唸るほど美味いスープ。

もはや、こうなると、ロケなのか、合間なのか、分からなくなる笑。


人生の中で、師匠と思える方は数人。

中でも、この師匠には、十代の頃から様々な事を教わりました。

東京から凱旋帰阪。

50歳の誕生日会。

男には、艶が必要ですね。

改めて教わりました。

菅さん、おめでとうございます



居酒屋讃州…

炙りポテサラ

イカスミアヒージョ

ぶり造り

やげん軟骨のベペロンチーノ

これは酒呑み、生き方ぶ厚い久保さんならではの、酒の肴。

バスク・サンセバスチャンの記憶が、480円!

素晴らし過ぎる

夜の讃州に行くと、世界が分かります。

…って、ちょっとオーバーかな笑。


密着ロケの合間に駆け付けました!

華やかで、素敵なBARです。

「サクラ」圭一朗おめでとう〜



今、注目の若き中華の達人3人に密着

麻婆豆腐だけでも三者三様。

個性が爆発しています。

11/24放送おたのに〜



親愛なる我がチーム。

このメンバーで、必死のパッチで番組作ってます。

リアルタイムで、テレビ観ながら、反省会。

あのカットええなぁー

もっとこうしたら良かったなぁー

熱さが、ビールの量と比例します笑。



今夜7時放送の魔法のレストランRやっと完成しましたー!

「阪急京都線串カツ&あったか麺グルメ旅 15軒36品」

平井は、新100人の料理人「米料亭 八代目儀兵衛」を担当しております。

雨でも大行列!
なんと、最大3時間半待ち

炊きたてご飯の米料亭
兄弟…涙の物語とは

是非ともご覧下さい

さぁー少し仮眠したら、ロケ!
我ながら、よー働くわ笑。

冬の中華スペシャル
京女、超天然、あの超大物女優とロケです。
楽しみ〜
がんばりまーす ^_^


編集の出前といえば、コレ!

「小雀弥」の山かけそば。

牛肉しぐれ煮トッピングに、トロロ増量したった!

最強やぁーーーー
(西代くん風)



木曜から家に帰れず。

そう、過酷編集ダイエットしてます笑。

昼夜、社食なんでストレスがぁー

せめて写真で美味しいもん回顧します。

京都ロケ飯の定番
三条「みや古」揚げネギカレーうどん

マイシャチームに教えてもらって初訪問!七条「本町亭」のハンバーグ&とんかつランチ

美味しかっなぁー

また、行きたいなぁー

ビール飲みたいなぁー

さぁ、編集しよ



知りませんでした。

黒七味で有名な、祇園「原了郭」
店の奥にカウンター発見!

たった6席。一年ほど前から、カレースタンドをやっているそうです。

カレーうどんは、溶き卵流し入れた半熟マーブル仕立て。

黒七味は、入っておらずお好みで。
スパイスパンチあるが、だしもしっかり。

そのままでもいいけど、やはり黒七味振ると、美味かったー!

カレーは持ち帰りで。

カレーは、黒七味入りの安い方と、黒七味無しの方とあり、
黒七味無しの方が手作りみたいです。

黒七味が、別添えされているのでお好みで。

こちらもスパイスしっかり。フルーツの甘さ効いてめちゃめちゃ美味しい

老舗の新たな挑戦ですねー。



米料亭密着ロケ…連休の行列狙いで、京都へむかう。

西宮は曇り、大阪も曇り、京都は…?と、着いてみたら…まさかの土砂降り。

「これは連休中とはいえ、行列してないやろ…」と、半ば諦めて祇園まで歩くと、、、

な、な、なんと!
土砂降りの中、この大行列!

炊きたてご飯の魅力は、雨にも負けない力を持っています。

新100人の料理人「米料亭 八代目儀兵衛」は、
11月10日放送です。

是非ご覧下さい



「薬師寺音舞台」をご覧いただき、誠に有難うございました

生田斗真さん…流れ星の化身。
美しく、格好良かったですね〜。

冒頭の登場シーンから、ゾクゾク。

本P監督、さすが麻婆豆腐研究家だけあって、痺れさせてくれました笑。

助監督として、13本携わらせていただいている事を、誇りに思います。

写真は、生田斗真さんの代わりにリハーサルで、リフトに乗っている様子。

腰が引けてます笑。

だって、めちゃめちゃ高いんですよ!

あの高さで、華麗に舞い、語る生田斗真さんのプロフェッショナルぶり。

さすが、スター!

流れ星だけに笑。

生田斗真さん…
蕎麦好き、ラーメン好き、餃子好き。
独特のオーラ。
プロ意識しっかり。
スタッフにも優しい。
眼が綺麗!
ホンマ素敵な方でした。
生田斗真さんが、流れ星の化身となり、ストーリーテラーをつとめた「薬師寺音舞台」
MBS・TBS系0:30から放送是非ご覧下さい



デジロケから戻ると、梅田DDハウス横の空き地で「岩手県大船渡サンマ祭り」を発見!

炭焼きサンマなんと、無料!

「よく、ニュースで見る光景やなー!笑」と、好奇心で列に並ぶ。

東日本大震災復興支援ということなので、気持ち募金させていただきました。

焼きたてアツアツのサンマおいしゅうございました。

ありがとうございました〜


丹後から、心斎橋へ直行!

時間の流れ方が違い過ぎる笑。

悪友晋ちゃんに誘われ、フレンチのレセプション。

心斎橋「リュミエール」の支店「lumi re l'esprit k」で料理長をしてた田中さんが独立。

周防町沿い「Entr'acte アントラクト」

1階はカウンターで、カジュアルにアラカルト。

2階はまったり隠れ家風。

ガッツリ肉料理、ワイン品揃え珍しく、リーズナブル

面白い店になりそうな予感。



ラーメン屋と、元焼き鳥屋と、テレビ屋の旅…後編。

「旅は心の定期預金。
日々の生活で、心がすり減ってきたら、旅で預金を増やしていく。満期になるまで、僕は世界中を旅する。」

尊敬する元ジャン・ムーラン美木剛さんが、メコン川の船上で、おっしゃっていました。

今回の丹後の旅でも、素晴らしい心の預金が出来ました。

「縄屋」吉岡さん夫妻

「竹野酒造」行待さんファミリー

「風呂敷屋」高岡さん

BAR「ベリーニ」マスター

「カネマス一刻干し」谷口さん

「飯尾醸造」飯尾さん

そして丸二日間、とことん語り合えた友二人に、感謝



ラーメン屋と、元焼き鳥屋と、テレビ屋の旅。

京都・六波羅「コリス」のハンバーグ&エビフライで、スタート。

弥栄町「縄屋」吉岡さんによる海の幸、丹波野菜。

極めつけは、「縄屋ラーメン」
魚のアラ・昆布のだしと、イノシシ骨だしのWスープ。
国産小麦の手打ち麺。
イノシシのチャーシュー。
最初は、塩ラーメン。
後からパクチーニンニク味噌を加えて、味噌ラーメンに。

和食料理人が作る「本気のラーメン」
素晴らしかったです。

最後は、教会を改築したBARで、ポール・ジローと、お爺ちゃんの柿ジュース。

3人の丹後珍道中は、まだまた続く…笑

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »