« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »



チェリスト植木美帆さん×東浩司さんのイベントが、来年2月14日日曜に、東さんの店「ビーフン東/Azアズー」で開催されます!

題して「World passion」

チェリスト植木美帆さん&ギタリスト鈴木大介さんのデュオが、ヨーロッパからアジア、南米に至る音楽の歴史旅行をLIVEで再現。
それに東さんがインスピレーションを受けて、料理を作ります。

どんな情熱的なLIVEになるのか?

弊社が企画・協力致しております。

皆さま
ぜひ、お越しください‼️

料金 15000円(お料理・演奏・消費税込み)

ご予約・お問い合わせ
植木美帆事務局
ticket@mihoueki.com
050-5275-1168(平日10:00-16:00)


「この人は天才だなぁー」と感じる料理人は何人かいるのですが、
北新地「ラクスイ」佐藤シェフもその一人。

「結構飲んで来たので、〆ビールと、〆にお任せで…」とオーダーすると、
ニヤリと、これが出てきました。

ドライ麻婆豆腐炒飯。

卵黄トロリが僕好み!

ピリ辛が、酔った身体と脳に染み渡るー!

「これは、麻婆豆腐研究家もまだ食べてないですよー」と、マネージャーの小林さん。

先輩お先にいただきました笑。


昨夜は、今の仲間や、昔の仲間や、同期と献杯を重ねて…気付けば朝に。

これも彼女が繋いでくれたんやなーと。

やや二日酔いで、
彼女が大好きだったカレーを食べる。

美味しいもんは、人を元気に、幸せにする。

そして、二日酔いもちょっとマシにする笑。


久しぶりの北新地「纐纈」(こうけつ)で、素晴らしい一皿に出会いました。

焼きふぐの煮浸し。

焼いたふぐの身、白子を、だしに浸しています。
そのだし、さらに、添えられた大根がまた、めちゃめちゃ美味しい!

よしきくんにきくと…
「道南産真昆布、枕崎の鰹節の一番だしと、ふぐのアラで、濃いめのふぐだしをとって、
太白ごま油を加え、薄口醤油で味を整えています。

のっぺりとした味に、薄口醤油で輪郭をつけ、ハッキリとした味にして、
太白ごま油の油分で醤油辛さを中和しています。さらにコクも足されます。」

なるほど…

和食にも「濃い味」はあると思うのですが、纐纈のこの一皿は、まさにそうですね。

焼きふぐを、煮浸しにする手法も素晴らしい。

勉強になりました。



昨日は会社の大掃除。
隅々までピカピカにした後は…社員みんなで、江坂の「明」へ!

美味しいもんは、人を元気に、幸せにしますねー。
一年の疲れが吹き飛びました。

内田シェフありがとうございました‼️

そしてイヴは、編集室に。

皆さまも、素敵な聖夜を…。



12/21オープンした中崎町「きくはん」

「麺や輝 中津店」で修業して独立!

泡々カプチーノの醤油もいいですが、
濃厚味噌ラーメンが美味いです‼️

鶏白湯の濃度に負けない、味噌の香り。
間を取り持つ魚介、昆布がさりげに効いています。
鶏つくねホクホク。棣鄂さんの太ちぢれ麺もいい感じ。

菊橋さんおめでとうございます‼️



京町堀で開店一年でミシュラン一つ星獲得した割烹「みつや」
おまかせコースの一品目は、なんと「だし」!

「うちの料理の味の基準を、まず舌で感じて欲しいんです。

京都の料亭「魚三楼」と、
玉造の居酒屋「ながほり」で修業したご主人松村さん。

料亭の華やかさ、居酒屋のしっかり食い味、両方を兼ね備えた素晴らしい料理でした。

「ながほり」みたいに単品でも食べられます。

松村さんのキャラも良し笑。

あっと言う間に予約取れなくなっているみたいです。



福島駅前の路地に、
謎の寿司店開店!
「Rikyu」

入り口はこれ。
看板小さっ‼️
これは一見さんは分からんわ。

魚は淡路島の岩屋の昼網直送。

ネタによって、数時間〜数日寝かしているそうです。

テラス席もあり、不思議な空間でした。



北新地でミシュラン一つ星を獲得していた「キュイジーヌ・フランセーズ・キヨタ」の清田シェフが、心機一転、
東心斎橋に移転リニューアルしました!

「porte de temps」
フランス語で「時の扉」という意味で、
時の扉を開けるように、時間、場所を忘れて、フレンチ、イタリアンなどジャンルも関係なしに、
「清田の料理」を楽しんで欲しいという意味だそうです。
(←ほろ酔いできいたので…キヨちゃんあってる?)

ビル3階の隠れ家の様なカウンター。

マニアックなワイン、なんと日本酒も合わせてくれる遊び心!

清田シェフの新たな挑戦、さらに楽しみです。



香住で明治12年創業の老舗海鮮物卸「北由商店」の息子である、友人北村晃一くんが、
お初天神通り路地に、カニの店を出しました!
「香住 北よし お初天神店」

香住で水揚げされた活けカニを直送で、
造り、焼き、鍋などで楽しめます。

実家が仲買いだから
お値段もコース7500円〜と、かなり良心的です。

〆の雑炊は、コッペガニの身とたまご入りで、トロトロ濃厚‼️

晃一くんの丹後弁がほっこり癒してくれます。



今年9月にニューヨークで大成功させた、「鶴麺」のbouillonしょうゆラーメン!

鶏のうま味濃く、
野菜の甘味がさりげなく支えています。すっきりクリアなスープ素晴らしいです!

明日までなんで、皆さんも是非‼️


法善寺横丁 浪速割烹「㐂川」二代目主人 上野修さんに密着取材!

暖簾の重圧、二代目のプレッシャー、苦悩、葛藤…
いかに乗り越えてこられたか?
今年で「㐂川」50年、次の世代に如何にバトンを繋ぐのか?

今回密着させていただき、修さんの
人柄に惚れました!

21月曜放送、いよいよ佳境!
風邪なかなか治らんけど、がんばりまーす‼️

夙川駅の成城石井で、
「マスクありますか?」ってきいたら、
店員さんが、パン売り場に案内してくれて
「こちらですね、ラスク」って。
「いや、マスクです、、、」
「あ、マスクですか⁉︎失礼しました‼︎」
風邪で体調悪いけど、少しマシになりました笑
あっ、おはようございます!
(久保さんパクらせていただきました笑)



現在発売中の
「Hanakoスペシャル関西おいしい店グランプリ2016」に載せていただきました!
かおりん、M三郎さんと笑。
宜しければご覧ください。



日本料理の大御所は、かなりのたまご好き。
たまごかけご飯もかなり濃厚でした。

12/21月曜放送の魔法のレストランRは、
「とろ〜りたまごスペシャル」
鋭意制作中です‼️


「コアラ食堂」の冬のスペシャル…
ふぐのねぎ焼き!

コテで切ると、中から白子がとろ〜り。
ふぐの身もたっぷり。
サクサクの外側は、なんとポン酢味。

めちゃめちゃ美味い‼️

てっちりを分解して再構築。

食べ歩きを重ねる
てらっちの引き出しから生まれた唯一無二の料理。

素晴らしかったです‼️

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »