« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »



食べログNo. 1レビュアー「うどんが主食」さんとご縁あり、西天満「Chi-Fu」に。

海老づくしの前菜
熟成させて燻製かけた鯵
羊と鮑のしゃぶしゃぶ
アコウ×フカヒレ
すっぽんの唐揚げ
すっぽん汁ビーフン…
東シェフの切れ味鋭い料理とワインに、おっさん二人でワーワー言いながら盛り上がりました!笑

「うどんが主食」さんが、食べ歩き本を5/26に出版!
お店情報だけでなく、
うんちくや、料理ジャンル別の考察なども載っていて、読み物としても面白いです。

皆さんも是非読んでみてくださいー!


先斗町のおばんざい「ますだ」太田さんが会長を務める京都中ロータリークラブで、講演させて頂きました。

「料理番組プロデューサーが明かす番組の裏側・制作秘話」

皆さま講演依頼お待ちしております!笑



最近洋食にハマってます。

今月リニューアルオープンした心斎橋・周防町通りの路地にある「洋食あんじゅ」で、大人のお子様ランチ!

トマトソースのハンバーグ、濃厚タルタルソースのエビフライ、ドミグラスソースのロースカツ…トマトマヨネーズのマカロニサラダがいい感じです。

トロトロたまごのオムピラフは別オーダーで欲張りました笑。

大人になると、欲望の赴くままに食べられるのが、いいですねぇ〜もりもり笑。


ずっと身体のメンテナンスをしてくれていた「Aoyama鍼灸整骨院」の権先生が、今月いっぱいで卒業されます。

権先生ありがとうございました!

武庫之荘で新しい鍼灸整骨院をはじめられるので、お近くの皆さんよろしくお願いします!



久しぶりの「善道」で酒呑み三人会!

あるようでない麻婆茄子豆腐…甘い!辛い!めちゃめちゃ美味い!
カプサイシンパワーで盛り上がる!



2週連続「黒門さかえ」に。

北新地にある細うどんの老舗として有名ですが…店主西松三さんの料理には毎回唸らされます。

特にこの梅干しの天麩羅。
13年塩と紫蘇で漬けた梅干しに、1000回穴をあけ、1か月水にさらして塩味と酸味を抜きます。
そこに蜜をたっぷり煮含ませて天麩羅に。
贅沢煮ならぬ、超贅沢天麩羅は、食べた事のない味と香りでした。

夏限定のおろしトマトのざるうどんも感動もの!

冨田酒造の七本鎗が飲めるのもええですね〜。



奈良・天理に移転した洋食の名店「katsui」で、17年間勝井さんの右腕として活躍した松下さんが、5月17日東心斎橋に洋食「Matsushita」をオープン!

ハンバーグは、カツイさんはドミグラスソースでしたが、マツシタさんは、しょうゆが香ばしい甘辛ソース、半熟玉子の卵黄を潰して絡めると、まーご飯とあうあう!

松下さんおめでとうございます‼️


最近東京出張が多いのですが、大体、滞在1〜2時間以内なんです。

「せっかく東京来たから、あそこに昼飯行きたいなぁ〜」
「サクッとあそこに飲みに行きたいなぁ〜」
と、思うばかりで、
デンして新幹線に飛び乗ります。

先日また、デンしてタクシーに乗ろうと赤坂で手を上げてたら…
「平井さーん!」との呼び声が。

振り返ると…
なんと「ロイヤルコンフォート」のイッシーでした。

なんでも、某タレントさんと撮影の合間だと。
よく見たら傍にロケバスが。

売れる前の飲食店でのアルバイト時代に知り合い、ちょいちょい飲みに行ってます。

ロイヤルコンフォートの
「君に好きと伝えよう」
聴くと、なんかときめきます笑。

個人的には「いつまでも」がジーンときて好きです。

ぜひ、聴いてみてください!



伝説の焼き鳥店…「うずら屋」幹ちゃんの右腕、とよくんが満を持して開業しました。

南船場の東側
居酒屋「八べえ」

「八べえ」は、広島のご実家、お父さんの店の屋号から。

店内は、BARかっ!と見紛うほどスタイリッシュ。

料理は和食ベースで、とよくんオリジナルが、あれやこれや。

カウンター、テーブル、入り口横には、立ち飲みスペースも!

居心地良過ぎやけど、あかん仕事に戻るわ〜。

とよくんおめでとうございます‼️



年末に予約お願いしてから、5か月…一年ぶりくらいに「にしぶち飯店」へ。

西渕シェフにも、料理にも、艶と色気が。益々美味しく、力強くなっていていました。

年内は満席だそうです。
また、一年後に!



日本ラーメン協会主催の「関西ラーメン懇親会」へ。

若手から、ベテランまで幅広い店主の皆さんと、ラーメン談義楽しかったです。

店主のラーメン愛は、スープよりも熱い!



立ち飲みで初夏を感じる!

もちもちの和歌山ケンケン鰹は、カラシで。
同じく和歌山の谷中生姜の豚巻きは、爽やかな初夏の味。

京都「井倉材木店」
関西最強の立ち飲みですね。


食卓百景

夏野菜のカレー
…といいながら、この下には牛すじがたっぷり笑。



25年くらい昔にお世話になった美術会社の古閑さん。
当時まだペーペー(なんでペーペーっていうんやろ?)のボクに、本当に優しく接してくださった。
そういうのって、しっかり覚えてますよね〜

時は経って…
最近、Facebookで再会。
なんと71歳!
今は、畑仕事で身体を鍛えてらっしゃるそうです。

手作りの野菜…えんどう豆、玉ネギをわざわざ届けてくださった。

古閑さん豆ご飯炊きましたよー!
玉ネギと一緒に煮て、えんどう豆の冷製スープも。

炊きたての豆ご飯は、丸いおむすびに。

豆の香りで、青い二十代を。
ほのかな甘味で、大先輩の優しさを感じたのでした。



祇園に朝ご飯だけのお店が開店しました。

「朝食 喜心」
営業時間は、午前7時30分〜午後2時まで。

「草喰なかひがし」の三男・篤志さんが料理監修しています。
篤志さんは、父の元や、ニューヨークの精進料理「kajitsu」などで修業し、現在はニューヨークでフードプロデューサーとして活躍しています。

篤志さんと幼馴染みの、魔法のレストラン後輩ディレクターまいまいと伺いました。

「喜心」とは、
食事をつくることも、食べることも、そのすべてが修行であり、
生きることそのもの、
喜ぶべき尊いおこないという禅の教えからきています。

漬物
目刺し
汁物は、三種類から選べます。

中勢以の熟成豚の白味噌豚汁…葱の代わりに玉ネギの葉の炒め物、葱坊主の花を散らして。
野菜だしのポトフ、日替わり汁。
この日は、エビ、アサリがゴロゴロ入った魚介だしのトマト汁。

そして…
炊きたての土鍋ご飯。
飯碗も選べます。

煮えばな
山田農園のたまごかけご飯
おこげ
何杯でもおかわり自由。

父上の料理と同様、食べ進むうちに、浄化されていくよう。

一人2500円。

朝からがっつり食べ過ぎました〜笑



毎年10月に万博公園で開催している関西最大級のフードフェス「まんパク」!

昨年は8日間で13万人のお客様に楽しんで頂きました。

5回目の今年、お客様にまた喜んで頂ける様に、新たに出店して頂けるお店を探して、ひたすら食べ歩いております!

こちらは今年新規出店、大阪・博労町「GoGoパクチー」のパクチー仙人田淵さん。
まんパク限定の面白いメニューを考えて頂いています。

今年の出店枠は、ほぼ埋まっておりますが、
来年2018年にむけて出店したい、興味あるとおっしゃる飲食店の皆様、平井までご連絡ください!



久しぶりにスペイン料理で感動しました!

京都・三条高倉
2013年オープン「aca 1° (アカ)」

小肌、つぶ貝、雲丹、金目鯛…寿司屋さんの様な素材使い。
京都×スペイン
東シェフのフィルターを通して、洗練された料理に昇華しています。

車海老と筍、花山椒のアヒージョ、
毛蟹のパエリア…
この二皿は、忘れられない、記憶に残る料理となりました。

また行きたい!が、
2か月先まで満席だそうです…
予約とってくれたてらっちありがとうございます!



あのフジマルさんが面白いレストランを作りました。

大阪・釣鐘町に4月末オープン「ORIGIN」。

起源、由来、出発点などの意味。
日本の食材をメインに『火を通して新鮮、形を変えて自然』がコンセプト。

岩手・清水養鱒場の八幡平サーモン

尼崎・島中農園の極細アスパラガス

愛媛・八幡浜のイトヨリ

北海道・十勝 ボーヤファームの仔羊

フランスで6年修業した吉田シェフの料理は、素材の持つ力を大切にしていて、「やりすぎてない」のがいいですね。
そこにフジマルさんのワイン、アカネちゃんの笑顔が合わさり、しみじみ「美味しいなぁー」と感じました。

カウンター、10人ほどの個室もあり、使い勝手良さそうです。

ホロ酔いの帰り道に、釣鐘を発見!
釣鐘町って、本当に釣鐘があるんですね。

調べると…三代将軍家光が大阪城に来た時に、町衆の代表が酒樽や鰹節を献上しもてなした。
その返礼に、地子銀(固定資産税)を永代赦免してもらった。
家光は太っ腹ですね笑。
その恩恵を、後世子孫まで忘れない為に釣鐘を作り、町中に時を知らせる事にしたそうです。
当時は1日12回撞いていたが、現在は午前8時、正午、日没と1日3回。
「曽根崎心中」の最後の道行の鐘はこの鐘だそうです。

へぇ〜ネタを学んでリアル「ブラタモリ」笑。
お初徳兵衛の気分で帰ったのでした笑。


今日午前8時から生放送!
MBS発TBS系全国ネット「サタデープラス」を担当しています。
ミシュラン三つ星「菊乃井」村田吉弘さんがスタジオ生出演!
超簡単にできる『作りおきおかず』を披露します。
村田さんならではの驚きのアイデア満載!
只今鋭意準備中です。
皆さまぜひ、ご覧ください‼️

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »