« | トップページ | »



祇園に朝ご飯だけのお店が開店しました。

「朝食 喜心」
営業時間は、午前7時30分〜午後2時まで。

「草喰なかひがし」の三男・篤志さんが料理監修しています。
篤志さんは、父の元や、ニューヨークの精進料理「kajitsu」などで修業し、現在はニューヨークでフードプロデューサーとして活躍しています。

篤志さんと幼馴染みの、魔法のレストラン後輩ディレクターまいまいと伺いました。

「喜心」とは、
食事をつくることも、食べることも、そのすべてが修行であり、
生きることそのもの、
喜ぶべき尊いおこないという禅の教えからきています。

漬物
目刺し
汁物は、三種類から選べます。

中勢以の熟成豚の白味噌豚汁…葱の代わりに玉ネギの葉の炒め物、葱坊主の花を散らして。
野菜だしのポトフ、日替わり汁。
この日は、エビ、アサリがゴロゴロ入った魚介だしのトマト汁。

そして…
炊きたての土鍋ご飯。
飯碗も選べます。

煮えばな
山田農園のたまごかけご飯
おこげ
何杯でもおかわり自由。

父上の料理と同様、食べ進むうちに、浄化されていくよう。

一人2500円。

朝からがっつり食べ過ぎました〜笑

|

« | トップページ | »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3906/70527768

この記事へのトラックバック一覧です: :

« | トップページ | »