« | トップページ | »



「金久右衞門」大蔵さんの新店が来週27火曜玉造駅前にオープン!
レセプションに伺いました。

味噌ラーメン専門「椋嶺(くらがね)」

店舗のある場所が暗越奈良街道の起点で、昔「つるや」「ますや」と茶屋が二軒並んで「二軒茶屋」と呼ばれて、伊勢参りの人々が多く立ち寄り、大層賑わった。
伊勢参りの途中、生駒の暗峠(くらがりとうげ)を昔は、椋嶺(くらがね)といった事から、店名を名付けたそうです。
日本人の宝である味噌のラーメンを通して、伝統、歴史、文化を伝えたいという大蔵さんの熱い想いです。

チャーシューの代わりに豚バラと鶏つくねの天ぷらが!
スープは、鶏と焼きアゴのWスープに、日本橋の老舗「大源味噌」の麦、米、豆味噌を合わせて。
麺は丸刃の中細ストレートまたは、国産小麦全粒粉しょうが麺のどちらか。

息子の豪三郎くんが店長で頑張ると!

なぜ、チャーシューではなく天ぷらか?とか、まだまだ物語はあるのですが、あとは直接食べながらきいてみてください!笑

|

« | トップページ | »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3906/70960553

この記事へのトラックバック一覧です: :

« | トップページ | »