« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »


がっつり打ち合わせ後、気候もいいので、堀江からぶらぶら歩いて心斎橋「洋食あんじゅ」で遅めのランチ。
こんな洋食弁当はじめたんですね。
大和野菜盛りだくさん!
トマトすき焼きが、ご飯にあう!



今年6月オープン!
十三駅東口すぐ近く「近江牛卸問屋焼肉あふみ亭」
昼は同じ店舗で「牛かつ勝昌。」に変身し、牛かつランチが楽しめます。

近江牛がこの値段⁉︎な、お手頃価格。

近江牛の幽庵焼きは、モモ肉などを柚子と醤油の幽庵地に漬け込んでいます。あっさりしていて、肉の旨味をより感じる事が出来ます。

来週からいよいよスタートするまんパクin万博に牛かつ勝昌。が出店!

ゲッキーよろしくお願いします‼️


初めて行った豊崎の「コバチ咖喱」
ラムキーマ、そして食後の水出しコーヒーがめちゃ美味しい‼️


北新地「天富」の天丼!
甘めの濃い天つゆがあう‼️



神戸最強の器屋さんに教えて頂いた、三宮最強の立ち飲み「酒場さかい」。

鯵のなめろう390円
冷奴290円
ポテサラ290円
ソース焼きそばは、
しっかりソース焦がして具沢山。豚バラ、キャベツ、ピーマンなど野菜たっぷり。半熟目玉焼きトッピングで590円。

梅田に支店作って欲しーい!



「㐂川」初代上野修三さん黄綬褒章受章記念祝賀会

途中、ステージで修三さん、修さん、直哉さん、孫の翔平さん、勇貴さんで料理を作る場面が。
ファミリーが揃い、一致団結する様は感動的でした。

ひ孫のえいとくんが包丁握るまで、四代に渡り食べに行くという目標が出来ました笑。

制作したビデオ「上野修三包丁人生一代記」も、「泣きそうになった」と感想頂き嬉しい限りです。

素晴らしい家族と仲間に囲まれて幸せそうでした。
おやっさんおめでとうございます‼️



「桃山台に凄いイタリアンがあるねん。ボクは大阪で一番と思ってる。」

プーさんにそう言われたら行くしかないでしょう笑。

新御堂から路地に入ったこれまた分かりにくい場所にある「Nayutaka」

へぎ板の香り移したカマスの焼き物

うなぎには煮詰め風のソース

あん肝のクレームブリュレ

アワビのだしを吸わせた自家製キタッラ

「うち日本酒も6種類あるんです。よかったら。」

今村シェフの自由度高い料理が次々と。

同級生のカウンターは大盛り上がり!

平井にとっては未開の地・北摂…まだまだ知られざる名店あるとのこと。
北摂探検楽しみです。
プーさん素晴らしいアテンド有難うございました!


東京滞在3時間

行き帰り駅弁やけど、
これはこれで楽し。



何人かの信頼している友人に勧められて、行く前からいい店の予感。

そして到着し、外観見て予感が確信に。

本当に素晴らしいお店でした。

谷町5丁目交差点近く
「蕎麦 蔦屋」跡
「鮨 三心」

来月も予約入れました。


編集時のランチの定番!
西梅田「渡邊カリー」
あいがけにトンカツトッピング!
めちゃめちゃ美味しかったけど、夜までお腹いっぱい笑。



「えん座」25周年祝賀パーティー
幸せオーラで、皆さん笑顔、笑顔。
長谷川さんの人徳ですね〜。
おめでとうございます‼️



「高台寺和久傳」
丹後半島峰山で、明治3年創業した料理旅館。
昭和57年に、高台寺近くの現在の場所に移転したそうです。

故に、京の懐石とは一線を画する料理なんですね。

座敷で豪快に炭焼き
落ち鮎
牛肉といちぢく
天然鰻
唐墨餅

鱧ときのこの鍋

座敷に居ながら、野趣を感じる。

そういえば峰山「縄屋」の吉岡さんも和久傳で修業してはったな…と腑に落ちる。

唐墨餅美味しかったなぁ〜
餅のあの食感はどうやって出すんでしょうね。
唯一無二の唐墨餅でした。


実は夏風邪をこじらせて、咳ぜんそくになり、ドクターストップで2週間禁酒しておりました。

おかげで何も運動せずに、2キロ痩せました笑。

咳も止まり、完全復活!

「讃州」のカキフライタルタルカレーうどんで、がっつりと!
美味しいもん食べて体重復帰を目指します!笑



四天王寺から桃谷に9月7日移転オープンした「鮨こいき」

幸運にもその開店日に伺いました。

カウンター8席でこじんまりとしていて、居心地良いです。

ご主人星野さんの握る寿司はほんのり温かくて、ほっとする美味しさです。

残心…食べ終わってからも、じーんと後引く美味しさ。

素晴らしいですね‼️



錦柳馬場…錦市場内に8月10日オープンした「錦 鮨しん」

なんと京都の情報誌Leafがプロデュース。

総檜一本造り7mカウンター12席。手触り気持ち良いです。

開店にあたって、上山編集長自ら京都中の寿司店を食べ歩き、握りの修業までして、徹底的に研究されたそうです。

伏見のお酒、クラフトビール、ビオワインもあって楽しいです!

ハイセンスな上山さんの目利きが行き届いています。

錦は、こずこんの餃子店も出来たし(まだ行けてないけど)、また面白くなりそうですね!



最近足繁く堺に通っています。歴史の厚い街堺は、名店が幾つもありますね〜。

堺の焼き肉「つねちゃん」
超有名店「おさむちゃん」の弟弟子で、仕入先も一部同じだそうです。

シャトーブリアン300gを豪快に目の前で焼いてくれます。

クラシタはさっと焼きしゃぶにして、卵黄玉ねぎポン酢で。

あー思い出したら、またお腹空いてきたー笑。



堺で100年近い老舗の寿司店「弥助」

「鮨処多田」「懐食清水」「東京吉兆」で修業した四代目大賀伸一郎さん。

たんぱく質の凝固温度を踏まえて、貝柱は48度で低温調理。
生の様で実はしっかり火が入っている、独特の食感、うま味を生み出しています。

築地から仕入れる200キロ以上の本マグロ。

三代目のお父さんと一緒に集めた魯山人、オールドバカラ、明代の古染付。

目も舌もしっかり堪能させて頂きました。


上野修三さん
黄綬褒章受章パーティーで上映するビデオ撮影で、久しぶりにご自宅に伺いました。

ビデオは、戌亥仲間のあまから手帖中本編集長と作っています。

昭和10年生まれ82歳…
一時間に及ぶインタビューは、日本料理、浪速料理、仲間、後進、そして家族への愛溢れる珠玉の言葉が紡がれていました。
ノーカットで聞いて欲しいです!


覇王のラーメンは常に進化しています。

今日は、サバ節からムロアジに変えたスープ。
サバ節に比べて薫香も控えめで、豚鶏の甘味が生きています。

西区新町「カドヤ食堂」



美味いもん好き同級生の会…戌亥会。
第22回は、金沢の予約が取れない鮨「小松弥助」さんへ。

弥助さん86歳…健康で働ける。感謝される人生…かく有りたいですね。

弥助さんから、戌亥の皆んなからもパワーもらいました!


V6のコンサート大阪城ホールへ、仕事の都合で番組スタッフと別日に一人で行ってきました。V6はおっさん一人でも楽しめます笑。メンバーの仲の良い空気って自然と伝わりますよね。「愛なんだ」を聴くと、この前の特番の子ども達を思い出して泣けてくる笑。笑って、泣いて、元気もらって…V6最高‼️



音舞台ロケの定番昼飯…
千里丘「熊吉」の味噌味ちゃんぽんと黒チャーハン。

パワーしっかり付けて、金閣寺音舞台昨夜無事に終了。

30年近くお世話になっている大御所カメラマンが、なんとも妖しい金閣の秀逸カットを撮ってくれました。
撮影現場で制作チームも
「おおー‼️」と歓声を上げたほど。

10/8日曜深夜0時30分
MBS-TBS系全国ネット放送

ぜひご覧ください。



まんパクに今年初出店して頂く東心斎橋「肉ya!」

藤田さんのめくるめく肉ワールドと、藤原さんの旨味濃厚、でもすっきりしたもんくたれの最強コラボ!
堪能させて頂きました!

今年もまんパクは、万博公園東の広場で、10月7日から開催です。
「肉ya!」のウニクも数量限定で楽しめます。
ぜひ皆さまお越しくださーい‼️



「鯖とか烏賊とか真とか」

面白い店名ですね〜。

野田に今年3月開店した
その名の通り、生簀で泳がせたサバとイカをメインにしたお店です。
真はご主人の名前です笑。

今の時期は、伊勢産安乗サバ(あのりサバ)を、
刺身、藁焼きたたき、鯖しゃぶと三通りの調理で楽しませてくれます。

イカも一杯を、お造り、天ぷらに。

店の中にも、外にも巨大な生簀あり、旅先で立ち寄った雰囲気です。

若いご夫婦も爽やかで好印象。

冬はふぐもあるとの事で…「鯖とか烏賊とか河豚とか真とか」再訪させて頂きます笑。



今年6月、阪急塚口駅南にオープンした「米と天ぷら 悠々」

行列のうどん店「悠々」オーナー中山優子さん渾身の2軒目です。

米油で揚げる天ぷらは、サクッと軽く、ほんのりと甘い香りが漂います。

通し揚げの天ぷらで、この値段は安い!

季節限定の冷やし天丼は、水洗いしたご飯に、熱々の天ぷら、天つゆジュレとポン酢ジュレがかかり、キラキラ輝いています。
冷んやりと熱々の温度差面白く、サラサラパクパク頂けます。

優子ちゃん突然の訪問失礼しやした!
美味しかったです‼️


今朝8時MBS-TBS系全国ネット「サタデープラス」で、弱火調理人水島シェフ×紫吹淳さんの「劇的!弱火調理術」を担当しています。

強火が当たり前の麻婆豆腐を弱火で、豆腐がぷるぷる、ひき肉がジューシーに!その㊙︎技とは⁉︎

さらに…氷水で冷やさない冷製パスタとは⁉︎

ぜひ、ご覧ください‼️

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »