« | トップページ | »



「高台寺和久傳」
丹後半島峰山で、明治3年創業した料理旅館。
昭和57年に、高台寺近くの現在の場所に移転したそうです。

故に、京の懐石とは一線を画する料理なんですね。

座敷で豪快に炭焼き
落ち鮎
牛肉といちぢく
天然鰻
唐墨餅

鱧ときのこの鍋

座敷に居ながら、野趣を感じる。

そういえば峰山「縄屋」の吉岡さんも和久傳で修業してはったな…と腑に落ちる。

唐墨餅美味しかったなぁ〜
餅のあの食感はどうやって出すんでしょうね。
唯一無二の唐墨餅でした。

« | トップページ | »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

« | トップページ | »