« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »



瓢亭、菊乃井、祇園川上などに魚を卸して“日本一の鯛を仕入れる男”と呼ばれている淡路・岩屋の魚屋水口さんに、「漁師の友人がやってる寿司屋があるから行こう!」と、誘われて行って来ました。

JR・山陽電鉄明石駅から魚の棚の方面に歩いて5分の「海蓮丸」。
店主は、バリバリ現役の漁師戸田さん。
店名は戸田さんの漁船の名前をそのままに。
港から直送の魚を刺身、焼き、煮付け、天ぷら、寿司と楽しめます。
安くて美味い!

鯛、かれい、あこう、すずき、めばる…春は白身が美味しいですね。
食べていると、昼網の魚が届きました!
1階はカウンター・テーブル。
4階で戸田さんの奥さんが魚の捌き方や料理教室もしているそうです。
その4階が結構広くて、ハモ、クエ、ふぐなどの漁師鍋で宴会も出来るって、これは通うなぁー笑。



淡路由良の紫雲丹とのれそれで茶漬け風。
スルメイカのいか飯。
春から初夏へ。
サヨリの透ける木の芽がいい感じ。
2年ぶりの苦楽園「鮨 まつ本」さらに進化してはりました。



3月末に惜しまれつつ閉店した北新地伝説のワインBAR「マツケン食堂」が、野田阪神に「肴・和洋酒 マツケン」となってリニューアルオープン!

魚好きの店主マツケンさんが、北海道・愛媛に行ってルートを開拓。
函館「小西鮮魚店」から仕入れるニシンやホッケは、野締めではなく神経締めしているので、珍しく生でいただけます。2〜3日熟成させるからグッとうま味がのって美味しいです。
愛媛・松山漁港卸売市場の「宮本水産」から仕入れる紋甲イカは、自家製カラスミをかけて。

バーニャカウダ風サラダは、アンチョビの代わりに、かおりんの小浜のお母さん手作り「きょうちゃんのへしこ」で塩味とうま味を。
タケノコに吉田牧場のカチョカバロ、牛テール煮込みなどの肉料理…
ワインや日本酒に合う肴がお任せでちょこちょこ10皿と、〆は炊きたてのご飯…コース4800円(税別)!

マツケンさんも奥さまジュンちゃんもシニアソムリエなんで、セレクトして出してくれるワイン&日本酒抜群です。

カウンター10席
隠れ家ロフトもあり、そちらも楽しみ。
18:00〜24:00
早い時間はお任せコース、21:00以降はちょこっと肴のアラカルトと酒でBAR使いも。
中央卸売市場が休みの水曜定休日。
5月8日火曜グランドオープン。

マツケンさんジュンちゃんおめでとうございます‼️



人もお店も“一期一会”ですね。
素晴らしいお店と出会いました。

大原の野菜
薪窯焙煎のコーヒー
生涯一のピッツァです。

哲学の道「monk」

ゆっきー、ねぎちゃんありがとうございました!



大阪駅前第三ビル「うどん棒」
春限定“かき揚げうどん”
讃岐芝海老と淡路玉葱のかき揚げを一枚は冷やかけうどんと。
もう一枚は熱々ご飯に乗せて天丼に。
最後は冷かけのだしを天丼にかけて天茶風に。
あー幸せ。


愛用の革製品を磨くのが好き。

蜜蝋にホホバ油を混ぜた天然由来のクリームを塗り込むと、艶々になって生き返ります。

一年で一番好きなご飯。
木屋町「食堂おがわ」



うちの奥さんが散歩中に偶然見つけた寿司屋さん。

苦楽園・樋之池町の路地に今年1月オープンした「とと」
店主柴田さんは29歳、丹後半島・網野出身。
うちのおかんと同郷で話が盛り上がる。
週に2回、丹後に通って魚を仕入れています。
野菜はお母さんが畑で手作り。
酒は峰山・竹野酒造の弥栄鶴、酢は宮津・飯尾醸造、米ももちろん京丹後産と“丹後愛”に溢れています。

サヨリは桜の葉で〆て、ほんのり桜の香りと塩味をうつしたり、黄身醤油で和えたりと、若い発想で仕事が面白いです。

お造りなどアテが付いて、寿司10貫のおまかせコースが、7,560円!

西宮の皆さんにわかりやすくいうと「BARこいのにあ」の隣です。

若いご夫婦が真面目に一生懸命がんばっているので、皆さんぜひ行ってみてください‼️


最近好き過ぎて、友人の売れっ子構成作家と競うように通っている北新地「塩干しおから」
肉だし巻き最強‼️


久しぶりに福島「燃えよ麺助」の行列に。
ラッキーなことに、午後2時で8人しか並んでいなかったので、15分ほどで入れました。
ホント麺助は女子率高いですね。お客さんの半分は女性でした。

火傷しそうなくらい鉢も熱々。
スープはうま味濃厚で、鴨の脂の甘味がしっかり出ていて、それに麺が絡んでバランス良く美味いですね〜

北区豊崎にあった伝説のうどん店「讃州」跡に、5月中旬に二号店を出店するそうです。
豊崎は益々麺激戦区になりますね。
事務所からもMBSからもすぐだし、嬉しいニュースです!



1日1組しか予約を取らない北新地の隠れ家「つばき」に初訪問。
お父さんが本町でやっていた店を、二代目ご主人が北新地に移転して、20年以上。
この路地はおそらく1000回以上は往復して店前は通っているんですが、知らなかった…。

店内は8席の大テーブルが一つ。なのでMAX8人限定ですね。

蛍烏賊
生雲丹茄子田楽
鮃の昆布〆は花山葵と和えたキャビアを乗せて。

名物の椿鍋は…フカヒレ&イベリコ豚がグツグツと。
アワビをしゃぶしゃぶして、トマトやレタス、キノコなど野菜もたっぷりいただけます。
スープがめちゃめちゃ美味い!
永遠に飲めます。
次の予約は8月以降になるそうです。


魔法のレストランスタジオ収録の合間に、レギュラーロザン宇治原さんの誕生日祝い!
ケーキでもチンベル押してます笑。
視聴者の皆さまの“食の好奇心”を刺激する番組を、ロザンと一緒に作っていきます。
宇治原さんおめでとうございます‼️



すごい料理人と出会いました。
奈良・学園前「万惣」
長田耕爾さん。
料理は、素材重視で余計なことはしない。
まさに“質実剛健”。
奈良に通います。



噂の割烹…京都「富小路やま岸」に初訪問。
噂以上の楽しさでした。
次回は11月です。

“新和食”が続々と開店ラッシュですね!

大阪・平野町に4月3日オープンした「和食Labo 新た」

寿司、海鮮料理、天ぷら店などで修業した名倉さん、小倉さん、武藤さんの三人が、独創的な和食を作ります。

先ずは、苺のもずくにびっくり!
生うに胡麻豆腐
牡蠣とあおさ海苔の茶碗蒸し
生、炙りと楽しめる唐墨三種
瞬間燻製のポテサラ
高坂鶏の炭焼き
酒粕チーズ
黒い豚の角煮
上巻きと伝助穴子の押し寿司

メインは、和風ブイヤベース。
海鮮から出た濃厚なうま味のだしを白味噌仕立てで。

まだまだ可能性を秘めていそうな“新和食三銃士”の活躍楽しみです‼️



環状線福島駅ガード下に、3月末オープンした「月火水木金土日」。
食べ歩き友で、元フレンチシェフの松尾さんがアドバイザーを務めています。

“肉和食”ということで、
牛、馬、羊、鶏などの肉料理が、懐石料理の流れで楽しめます。

先付

肉八寸
・熟成ラムフィレ肉のレアカツ
・牛タンの柔らか煮
・黒毛和牛ローストビーフ
・ミノの昆布〆


熊本産馬刺し
黒毛和牛のタタキ

赤甘鯛と春大根 菜の花

熊本産A5プレミアム和王牛の炭焼き

〆は炊きたての土鍋ご飯と、黒毛和牛赤身肉の卵黄しゃぶすき。
たまごフェチには、たまらんです。

赤出汁、デザートが付いて、なんと…6,480円!
すごいコストパフォーマンス!
このクォリティでこの値段は驚きました。
さすが松尾さん、すごい“食の仕掛人”です。



上本町「鮨 原正」後に、来週24火曜オープンする「鮨 かわくち」。
京都の書家の方に看板を書いてもらい、表記は縁起を担いで濁らず『かわくち』でも、読みは『かわぐち』。

店主川口智司さん38歳は、なんと元大工さん!
25歳で寿司の道に入り、北新地の寿司店に。そこから「鮨 原正」石川さんの元へ、通い弟子1年、本弟子7年…計8年間研鑽を積みました。

赤酢ブームの中、米酢と塩だけの白い寿司飯。
「寿司を食べて欲しいんです!」
酒の肴は3〜4品にして、寿司をしっかり15貫出したいと。

清廉潔白…濁らない清々しい寿司で勝負する川口さん。
おめでとうございます‼️


市川猿之助さん主演のスーパー歌舞伎「ワンピース」
原作を読んだことがないおっさんでも楽しめました!
番組でお世話になった故・坂東三津五郎さんのご子息巳之助さんの熱演良かったですね〜。
ご縁あって、右團次さんの楽屋にご挨拶。
サプライズで、なんとゆずも登場し、めちゃめちゃ盛り上がりました‼️
ポスターの横にもサプライズゲストがー笑



弊社制作のミニ番組
MBS毎週日曜午前11時40分放送『ダイドコロ☆ベジタ』で、「ラルッチョラ」鈴木シェフと野菜の魅力をご紹介いただいている野菜ソムリエ上級プロの関宏美さん。

先週土曜日に行われた「第7回野菜ソムリエアワード全国大会」で、なんと6万人の頂点に立ち、金賞を受賞!日本一になりました‼️

ザ リッツ カールトン大阪「ラ・ベ」で行われた、関さん講師のスペシャルセミナー。
野菜の魅力を楽しく、美味しく勉強出来て、クリストフ・ジベールシェフとのコラボレーション素晴らしかったです。
関さん日本一おめでとうございます‼️



一昨日オープンした謎の会員制レストラン「201」に行ってきました。
多くは言えないですが…とにかく凄いエンタテインメント!
百聞は一見にしかずです。


「魏飯夷堂」が、船大工通り御堂筋側に新しく出来たライズホテルの1階・2階に、本日リニューアルオープン!

1階は小籠包や小皿料理が楽しめる中華バル、
2階はテーブルでゆっくり食事を楽しむことができるメゾネットスタイルです。

魏さん20周年で益々パワーアップですね!
おめでとうございます‼️


打ち上げは…福島「安兵衛」で焼き肉!
なんとダイズカフェに来てくださったSさんと偶然遭遇!
ご縁を感じる一日でした。


お披露目ダイズカフェ
沢山の皆さまにお越しいただき、誠にありがとうございました!
皆さまの笑顔から元気をいっぱいいただきました!
社員のご家族も招待出来たので本当に良かったなと思っています。
社員一同皆さまとのご縁をダイズにして参ります。
今回来られなかった方もふらっと、珈琲飲みにお立ち寄りください。
皆さま本当にありがとうございました‼️


毎週金曜「あやむ屋」は、NO予約DAY。
「美味い焼き鳥たべたいなぁ〜」と思ったら、サクッと行ける気軽さが嬉しいですね。


ボストンへ渡った大西くんの「鶴麺デイビス」が、4月12日オープンしました!
お祝いの想いを込めて片町店に。
きっと伝説を作ってくれることでしょう。
大西くんおめでとう‼️


「神戸元町別館牡丹園」のネギ和えそば…好き過ぎる❗️



京都「山下栄日庵」のさくら茶会に伺いました。
はらはら散る枝垂れのお庭を抜けて、お茶室へ。
濃茶と薄茶
「鼓月」の桜餅
「末富」の干菓子
点心は「瓢亭」
茶道具はもちろん素晴らしいですが、食いしん坊は中身が気になります笑。花より団子。



そして…峰ちゃんが、「同級生が面白いBARやってるから行こう!」と連れて行ってくれたのが、またスゴイ店でした。
住宅地に忽然と現れる看板もないBAR…雰囲気は写真をご覧ください。
また行きたいけど、たどり着けるかな…



3月20日に鶴橋から、上本町に移転リニューアルオープン!
10年以上通う大好きな店「あじくらや」
ゆでたて太麺の焼きそばは、やっぱり美味しい!峰ちゃんおめでとうございます‼️



花冷えの京都…桜海老のかき揚げで春を感じる。
東大路通の蕎麦「千角」



4/1にオープンした「ルクアフードホール」面白いですね!
海外のスーパー、デパートみたいで、なんかワクワクします。
仕事帰りに腹ペコで行ったので、わらじカツ500円衝動買いしました笑笑。



株式会社ダイズは、新入社員4人を迎えて、新年度スタートしました。
入社式〜社内研修と怒涛の1日を終え、歓迎会は、中之島「ワインキッチン スープル・ヴァン・ヌフ」で。
「美味しい!」を連発しながらキラキラ笑う若者達の笑顔を見ていると、なんだかジーンときました。
このメンバーで、仕事も遊びもダイズにしながら、がんばって参ります。
引き続きご支援をどうぞよろしくお願い致します‼️

« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »