« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »


食卓百景…初夏
最近、塩むすびに凝っています。
福岡・糸島の“またいちの塩”で。
後ろは有明海の生海苔。



福島「安兵衛」で初めて“シャモジ”という部位を食べました。
ランプとイチボのあたりの肉だそうです。
適度に噛みごたえ、食感あり、美味しかったです。



そして、神戸。
イベントの打ち合わせで、北野の「ラ メゾン ドゥ グラシアニ」へ。
火災の後、復興再開した“白亜の洋館”素晴らしいです。
今回は、アミューズからメインまで、全て神戸牛を使ったコースをいただきました。

神戸牛と岩牡蠣のタルタル
神戸牛のローストビーフ 
神戸牛のオリーブ煮
神戸牛とオマールブルーのロースト
神戸牛のパイ包み焼き

神戸テロワール…地産地消を大切にした料理、最後のプティフールまで主な材料が兵庫県産。

「夢の続き 見せてくれる 相手 捜すのよ」
スカイブルーのグラシアニ邸が、優雅に微笑んでいました。


身体のメンテナ 後は、心のメンテ。
マーブルのラテで癒されます。


竹笋生ず。
近所の料理人の友人から
「沢山炊いたからどうぞ」と、おすそ分けをいただきました。



苦楽園口駅前の「大正庵」
アイドルタイムが無いので、ゆっくり昼酒を楽しめます。
蕎麦焼酎の蕎麦湯割り
自家製黒豆豆腐の冷奴
二種類の山芋のとろろ汁
鶏ポン酢
揚げだし豆腐
半玉冷やしきつね蕎麦

ほろ酔いで夙川沿いを散歩したら、紫陽花が咲いていました。小満ですね。


身体のメンテナンスは、
Aoyama鍼灸整骨院の青山先生におまかせ。
「平井さん、食べ疲れは胃腸だけでなく、顎からこめかみにかけての筋肉にも影響があるんですよ」と衝撃のカウンセリング。
全身〜頭皮〜顎〜こめかみにかけても施術していただきました。
これで思う存分食べられます笑笑。

こちらも最近ハマってしょっちゅう行っています。
苦楽園・樋之池町「とと」。
店主柴田さんが、故郷丹後半島の網野に、週2回仕入れに行っています。
この日は京丹後のとり貝。
甘くて、香り良くて抜群でした!



最近ハマって毎月行っています。
明石駅〜魚の棚近く、現役の漁師戸田さんの寿司屋さん「海蓮丸」。
白身大好きなんで、アコウやカレイ、鯛のお造り感動します!



25年前…初めて行った香港で、背伸びして行ったハイアットリージェンシーホテルの「凱悦軒」。
“ヌーベルシノワを作った男”と言われる伝説の名シェフ、周中さんのレストラン。
当時周中さんは大阪ガスのCMに出演していて、「いつか行ってみたいなぁ〜」という憧れでした。
周中シェフのスペシャリテ…パパイヤの蒸しスープを、ドキドキしながら食べたことが忘れられません。

その後、周中さんはホテルを退職し、マンションの一室で、私房菜(プライベートキッチン)をやっていて、12年前にロケで伺いました。
その時もパパイヤの蒸しスープを出してくださり、食べたのが2度目。

3度目は「一碗水」で。

そして今回4度目は、「京静華」でした。
なんと宮本シェフは、全盛期の「凱悦軒」で、周中さんの元、修業していたそうです。

食べ進むうちに、内側の果実をこそげ取って、スープに溶かしていくので、段々と甘くなります。
食べ終わっても、パパイヤから湯気が上がるほど熱々。
香りは記憶に結びつく様で、一気に点と線が繋がりました。



北新地でハシゴ
①海味
②蜆楽檸檬
③Petit Wine Salon 朱々
④塩干しおから
⑤ろあん松田
⑥セルパン
よっしゃ、今夜はこれくらいにしといたろ笑笑。


福岡・柳川にある「田脇日吉神社」
親戚が禰宜を務めています。
鎌倉時代建立830年の歴史があるんですが、今年の8月に再興します。
弊社も記録ビデオ制作でお手伝いします。


MBS毎週日曜午前11時40分放送「ダイドコロ☆ベジタ」
福島の人気イタリアン「ラ ルッチョラ」鈴木浩治シェフと、全国6万人の頂点に立ち、日本一 になった“野菜ソムリエ上級プロ”の関宏美さんが、旬の野菜の魅力と簡単料理をご紹介する番組です。
おかげさまで、前回20日放送が10.0%!高視聴率をいただきました。
ご覧いただいた皆様のおかげです。
誠にありがとうございます!
弊社山﨑卓也ディレクター26歳が奮闘しております。
ぜひ毎週ご覧いただけますように、何卒よろしくお願い致します‼️



TKO木本さんが、なんと事務所に遊びに来てくれましたー!
人気芸人さんから運気いただきました。
ありがとうございます‼️



80歳の義父と一緒に、銭屋寄席「上本町 南光亭」南光師匠の落語堪能させていただきました。
笑うと元気になりますね。近所の「あじくらや」で粉もん三昧!



「悠々」の優子ちゃんに連れて行ってもらった塚口「千ふく」…最強居酒屋でした。
お造り、赤雲丹手巻き寿司、ホットチーズソースのサラダ、〆は、あの名店の伝説店主の自家製麺のラーメン。
千賀さん食べ歩きの引き出しは数知れず…恐るべし。
これは途中下車増えること間違いなしやなー。
優子ちゃんありがとうございました!



塚口駅前「米と天ぷら悠々」
米油で揚げているので、軽い!そして芋焼酎の炭酸割りとよくあう!



今月頭に大阪・京町堀でオープンした「にしの」

「太庵」「味吉兆」などで修業した西野さんと、元カッシーナに勤めていた奥様は、ほんと美男美女!
網代天井にカッシーナの椅子。なるほど内装も格好良いです。

さっと湯引きした蛸に三つ葉、その上にあえて焦がした玉葱で苦味を。
もち鰹には、酒盗のうま味をうつした醤油。
蒸し豚には、河内晩柑を練り込んだ白味噌か、大徳寺納豆。
豚と合わせた白味噌は、河内晩柑の香りと苦味でまるでマーマレードのよう。
粋なひと仕事が冴えた皿の合間に、鯛の子と蕗の炊き合わせ。
ホッとして落ち着きます。
流れの緩急が素晴らしいです。

ご飯は、カウンターの客前で羽釜から半切りに炊きたてをうつし、うすいえんどうとちりめん山椒を混ぜ込みます。
こんな感じで〆は季節毎の“にしの流混ぜご飯”になるそうです。

人もお店も出会いもの。相性ですね。来月も予約お願い致しました。



先月オープンしたばかりの北新地「さくら」
馬肉料理の専門店です。
熊本以外に、会津若松や奈良で馬が生産されていることにびっくり。
しかも、脂綺麗で美味しいです。
馬骨スープは、独特の香りと甘味ありますね。
スープ茶漬けのアクセントには、キャビア!
“服部ワールド”全開でした。



福島駅前に先週オープンした「Dandan noodles」
魚担々麺は、麻辣の向こうに、ベースの魚スープ(サバ?)のうま味しっかり。
石鍋麻婆豆腐も麻辣の辛さ痺れだけでなく、甘味とうま味あり、ご飯とあうあう!
汗だく代謝アップで、風邪治りました笑。



新梅田食道街の「弥助」後に、立ち飲み「奴」2号店オープン!
全品300円、お造り盛り合わせ500円って、これは通うわ。



豆が美味しい季節ですね。
北新地「川添」
うすいえんどうは、くじらと一緒に卵とじに。

〆の空豆ご飯…
焼いた空豆を白醤油にさっとくぐらせて、炊きたてご飯の上に。
「たまごかけみたいでしょ?」
えっ⁉︎たまご乗ってないやん…
食べて納得しました。
ご飯の熱で空豆のむっとした香りがより増長して、何故かたまごかけご飯を連想させます。
硫黄っぽい香りがそう感じさせるのでしょうか。
熱々ご飯とあうあう!

飄々としていて、実は計算され尽くした川添さんの料理…感動致しました。


野田阪神駅近く「マツケン」
小皿でちょこちょこ10品ほど酒の肴。
〆に、鋳物鍋の炊きたてご飯とマグロ中落ち漬け、漬物。
飲んだ後に、最高の定食です!


今年一番通っている店…北新地「塩干しおから」



苦楽園口駅前「ちょっと一口のくらくえん」は、絶対ちょっと一口では済みません笑笑。



「遊山」安田さんの結婚披露パーティー!
ホテル・ロッジ舞洲のキャンプ場で行われたアウトドアの披露宴。
いい天気で気持ち良く、最高でした!
安田さん&夕紀さんおめでとうございます‼️



ANAクラウンプラザホテル京都で行われた「祇園さゝ木」佐々木浩さんのライヴを、9台のカメラで収録致しました。
佐々木さんめちゃ格好良かったです‼️


食卓百景〜初夏
うすいえんどうの豆ご飯。
浸水時に昆布、炊く前ににがりを少し。
福岡・糸島の天然塩で味付け。



北堀江「焼肉ナンバーワン」。
高槻にある老舗「焼肉一番」の支店です。
東京出身の先代考案のタレは、醤油のうま味と香りを生かした肉を引き立てる味。
そのタレを二代目の息子英嗣さんがしっかり受け継いでいます。
やはり焼き肉はタレですね〜。
“血はタレよりも濃い”



“翁・達磨”高橋名人の直弟子…豊崎「蕎麦 松下」で蕎麦前。
昼酒は至福の悦び。



食べログに載っていないのに連日満席!
知る人ぞ知る超穴場焼き鳥「松の」。
山芋入りフワフワのつくねは、感動の美味しさ!
焼き野菜まで美味い!

焼きの秘密は…鶏油を塗りながら焼くこと。
鶏油で揚げ焼きの様な状態になり、香ばしさとうま味が付いて唯一無二の味に。
「鶴麺」直伝の鶏そばは玉ネギがアクセント。
しかも安い!

いい店は口コミで充分広がるんですよね。



浮田町「ろーす亭茂」
茂さんのなにわ黒牛は、ホンマに美味しい!
“焼きセンマイ”を美味しいと思ったのは人生初でした。



懐石料理の前飲みに、錦市場「餃子ごずこん」へ。
嗚呼、食べたらあかんと思いながら食べてしまう美味しさよ。



二日酔いの日に食べたくなるシリーズ…
「サバ6製麺所」の鯖醤油そばと鯖寿司。
熱々の濃いスープをグーッと飲みたくなります。


二日酔いの日は何故か汁気の物が欲しくなります。
僕の場合、豊崎「一品香」の担々麺が無性に食べたくなります。
適度な酸味と辛味を身体が求めているのでしょうか?


コロコロそば…
事務所の近所にある「大淀信州そば」の名物です。
天かす、大根おろし、ネギ、のり、ゴマがのった冷たいそばで、がーと混ぜて、ズルズル。
途中ワサビを溶かして、ズルズル。
最後は熱々のそば湯を注いで〆ます。

なんてことないですが、何故か美味しいです笑。
時々食べたくなってふらりと立ち寄ります。

ところでコロコロそばの“コロコロ”って何?


後輩から、徳之島で国産コーヒーを想いを持って作っている宮出さんの“コーヒーの花”をいただきました。
想像とは全く違う味でびっくり!
爽やかな酸味の向こう側に、呼び掛けて来るような香ばしさが。
目を瞑るとそこは徳之島の宮出珈琲園。
旅は心の定期預金。
そろそろ旅に出たいなぁ〜


公私共にお世話になっている、文久元年創業「花政」藤田修作さんのしごとが本になりました。
修作さんの格好良いしごとに痺れます。
気持ちの良い本です。



大人の遊びの師匠川邉さん61歳誕生日パーティーを、浮田町の「コアラ食堂」で!
楽し!美味しかった〜!
川邉さんおめでとうございます‼️



魔法のレストラン、京都知新などで活躍する構成作家・蔭岡翔さんの結婚式&披露宴!

初めて会った時は大学生でした。
夢に向かってしっかり歩き、コツコツ努力を積んで、今や立派な構成作家に。
弊社になくてはならない存在で、大変お世話になっています。
いつも本当にありがとうございます。
幸せそうなお二人を見ていると感無量です。

かげくん、玲奈さんおめでとうございます‼️


噂できいて一度食べてみたかった福岡名物「冷やしから揚げ」。
妻が出張だったので買って来てもらいました。
しおりに…
“冷凍のままお召し上がりください。
決して温めないでください。”
と書いてある。
「何か怖い」笑。
でも、食べてみると…
へぇ〜不思議な美味しさ!
お菓子感覚ですね。
百聞は一見にしかず。
未体験な味、一度お試しを!


今週30月曜オープンしたばかり!
友人西山 圭ちゃんが、山本シェフとタッグを組んだ淡路町・箱寿司の吉野鮓のすぐ近く「WONDERMENT DINING BAR」
いい感じです。

« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »